猫の便秘は何日から?便秘の原因や対策を解説

特に猫は便秘になりやすい動物と言われていますが、便が何日も出ない状況やコロコロの便が何日も続く状況も便秘の兆候です。そこで、今日は猫の便秘を見分けるサインとその対策についてまとめました。

猫はメロンを食べても大丈夫!?注意点や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

メロンは果肉の約90%が水分であり、βカロテンやビタミンCを含むため熱中症対策に与えることもできます。しかし、メロンは糖分を多く含むため、与える量には注意すべきです。今日はそんなメロンの食べさせ方について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

プレミアムドッグフードとは?選び方や注意点をペット栄養管理士が解説

そもそもプレミアムドッグフードとはどんなドッグフードなのでしょうか?ペット栄養管理士としてプレミアムドッグフードの開発にも携わったことがありますので、プレミアムドッグフードの選び方についても解説します。
スポンサーリンク

犬はネギを食べてはいけない!その理由や食べてしまった際の対処法をペット栄養管理士が解説

ネギは免疫力を高めるなどの効果が期待でき、食卓でよく見かける人気の高い食材です。ただし、ネギには有機チオ硫酸化合物が含まれ中毒症状を引き起こす恐れがあるため注意が必要です。そこで今日は犬がネギを食べてはいけない理由と食べてしまった際の対処法について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

【購入前のチェック事項】ペット用サプリメントの効果と注意点をペット栄養管理士が解説

早速今日の本題です。ペットの家族化と共に愛犬・愛猫への健康意識が高まり、犬用や猫用に開発されたペット用サプリメントが動物病院やインターネットで多く見かけるようになりました。今日はペット用サプリメントの効果と必要性について説明させて頂きます。

愛猫の口臭がアンモニア臭い!?口臭の原因と対策を考える

早速今日の本題です。愛猫に顔を近づけているときに、吐息がかかることは良くあるかと思います。生臭さやアンモニア、酸っぱい臭いなど普段と明らかに異なる臭いを発している場合は注意が必要です。そこで今日は猫の口臭の原因と対策についてお話しします。

犬はメロンを食べても大丈夫!?注意すべき犬や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

メロンはβカロテンやビタミンCを含み犬にとって体に良い果物です。また、水分量も多いため熱中症対策に与えることもできます。しかし、メロンは糖分を多く含むため、与える量には注意すべきです。今日はそんなメロンの食べさせ方について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

今話題の乳酸菌KT-11とは?犬や猫に期待できる効果をペット栄養管理士が解説

乳酸菌はドッグフードやキャットフードは勿論のこと犬猫用おやつなどの原材料でも良く見かけますね。中でも乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)は近年盛んに研究されている口腔ケアに特化した乳酸菌でもあり、犬や猫用の商品でも良く見かけるようになりました。今日はそんな乳酸菌KT-11の犬や猫に対する効果について解説します。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

ラクトフェリンは犬や猫に良い!?期待できる効果や注意点をペット栄養管理士が解説

ラクトフェリンは赤ちゃんの健康を守る特別な初乳に多く含まれ、殺菌作用や抗ウイルス作用などが期待されています。今日はラクトフェリンの犬や猫への効果について解説し、注意が必要な点についてまとめました。是非チェックしてみて下さい。

猫はパイナップルを食べても大丈夫!?注意すべき猫や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

パイナップルはビタミンCやカリウム、食物繊維を含み便秘改善や予防に効果がある果物です。ただし、パイナップルの与えすぎは逆に猫の消化不良を起こす可能性がある果物とも言えるため適量が望ましいです。今日はそんなパイナップルの食べさせ方について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

犬や猫に牛乳を与えたら下痢に!?注意点をペット栄養管理士が解説

長寿の犬猫に行なっていた6つの習慣の内の1つとして牛乳を与えていたことがわかっています。但し、犬や猫は牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を消化できず下痢になる可能性があるため、与える際の注意点は必ずご確認ください。
おすすめ

猫の食事回数は増やすべき?最新研究と共にペット栄養管理士が紹介

猫が1日に食べる食事量はパッケージに記載されていますが、食事回数まで指定されていないかと思います。そこで今日は、猫の食事回数を分けるメリットと猫の食事回数に関するカナダのゲルフ大学の研究をまとめました。
おすすめ

猫はエビを食べても大丈夫!?注意すべきエビや食べさせ方をペット栄養管理士が解説

エビは抗酸化作用を持つビタミンEを含み猫にとって体に良い海鮮物です。ただし、与え方を間違えるとビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあるため注意が必要です。そこで今日はエビの食べさせ方について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

犬や猫にオメガ3脂肪酸って大切なの?おすすめのサプリメントをペット栄養管理士が紹介

犬や猫の必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果や摂取できるおすすめのサプリメントをペット栄養管理士が解説します。
おすすめ

猫の表情から痛みのサインを見分ける。研究結果から解説

猫は痛みを表に出さない傾向にありますので、飼い主さんは愛猫の痛みに気が付きにくいです。そのため、今日は猫の表情に基づき痛みのサインを見分ける研究が海外でされていましたので紹介させて頂きます。合わせて行動の変化からも猫の痛みのサインを見分ける方法をご紹介いたします。
おすすめ

犬は柿を食べれる?注意すべき猫や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

柿はβカロテンやビタミンC、ポリフェノールを含み犬にとって体に良い果物です。ただし、柿の与えすぎは犬の肥満の原因にもなりますので適量が望ましいです。今日はそんな柿の食べさせ方について解説しました。
おすすめ

ペットフードの原材料表示で気にするべきこととは?ペット栄養管理士が解説!

ペットフードに記載されている「原材料」や「成分」などの表示で気にすべきポイントをご紹介したいと思います。これを知っていればペットフード選びも楽しくなるはずです!
おすすめ

愛犬・愛猫の歯みがきに悩んでいる方々へ!お口のふりかけでお悩みが改善された事例を紹介

これまで多くのご利用者様から喜びの声を頂戴しております。今日は愛犬・愛猫のお悩み改善の参考になればと思い、実際にお口のふりかけを利用したお客様の声をご紹介させて頂きます。
おすすめ

【購入前のチェック事項】ペット用サプリメントの効果と注意点をペット栄養管理士が解説

早速今日の本題です。ペットの家族化と共に愛犬・愛猫への健康意識が高まり、犬用や猫用に開発されたペット用サプリメントが動物病院やインターネットで多く見かけるようになりました。今日はペット用サプリメントの効果と必要性について説明させて頂きます。
おすすめ

猫のタウリンが不足すると大変!欠乏症の症状と摂取できる食べ物について

猫は肉食動物ですのでタンパク質摂取はとても大切です。タンパク質はアミノ酸が結合してできていますが、猫が体内で作り出すことができない必須アミノ酸は食事から摂取しないといけません。今日は必須アミノ酸の中でもタウリンが不足した場合に起こる症状と摂取できる食べ物についてご紹介します。
おすすめ

ボディコンディションスコア (BCS) で愛犬や愛猫の理想体型 (適正体型) を把握しましょう

愛犬や愛猫が適正体型かどうかを簡単にチェックする方法として、ボディコンディションスコア(BCS)があります。この指標を使うと体型を5段階に評価でき、適正体型かどうか判断することができます。理想体型に近づける方法についても説明していますのでご確認ください。
おすすめ

犬の下痢にはさつまいもが有効!?ペット栄養管理士が解説

犬の下痢にさつまいもが有効ですか?という質問を良く頂くため、栄養学的な観点でまとめてみました。さつまいもを愛犬に与える際は、必ず最後に記載している注意点を確認して下さい。
おすすめ

犬にいちごを与える際はアレルギーや下痢に注意!ペット栄養管理士が解説

いちごはアレルギーやキシリトールに注意して与えてあげないと嘔吐や下痢を引きを越す可能性もあります。今日はいちごを与えることによる効果と注意点についてまとめています。

犬の胃腸炎の原因と対策!誤飲やストレスには注意

早速今日の本題です。犬が罹りやすい傷病を最新のランキングに沿って見てみると犬の胃腸炎がTOP3にあることが分かります。今日は犬の胃腸炎の原因と対策を解説していきます。第1位の犬の皮膚病、第2位の犬の外耳炎の原因と対策については下記をご参照ください。

犬はイカを食べても大丈夫!?注意すべき犬や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

イカは抗酸化作用を持つビタミンEを含み犬にとって体に良い海鮮物です。ただし、与え方を間違えるとビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあるため注意が必要です。また、イカは犬にとって消化が良いものとは言えません。今日はその点を踏まえて解説しています。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

難消化性デキストリンは犬や猫の腸活におすすめ!期待できる効果をペット栄養管理士が解説

難消化性デキストリンは一見聞き慣れない単語かもしれませんが、私たちが普段の食事で摂取する食物繊維の一つです。人用の特定保健用食品や機能性表示食品でも良く利用され、最近ではドッグフードやキャットフード、犬猫用おやつでも見かけるようになりました。そこで今日は難消化性デキストリンが犬や猫に及ぼす効果についてまとめました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

ペットフードの原材料表示で気にするべきこととは?ペット栄養管理士が解説!

ペットフードに記載されている「原材料」や「成分」などの表示で気にすべきポイントをご紹介したいと思います。これを知っていればペットフード選びも楽しくなるはずです!

犬はマンゴーを食べても大丈夫!?注意すべき犬や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

マンゴーはβカロテンやビタミンC、ビタミンEを含み犬にとって体に良い果物です。ただし、マンゴーの与えすぎは逆に犬の消化不良を起こす可能性がある果物とも言えるため適量が望ましいです。今日はそんなマンゴーの食べさせ方について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

AAFCO?FEDIAF?世界のペットフード栄養基準をペット栄養管理士が解説

毎日のご飯であるペットフードがどういった栄養基準に従って製造・管理されているかを知ることはとても大切です。AAFCOやFEDIAFを例に世界の栄養基準について解説していきます。
おすすめ

なた豆は犬や猫に良い!?期待できる効果をペット栄養管理士が解説

古くは膿とり豆として生薬などにも使用されてきたなた豆。なた豆は人用の歯磨き粉に良く使われているだけではなく、最近では犬や猫用のデンタルケア商品でも目にするようになりました。今日はそんななた豆の犬や猫に対して期待できる効果について解説します。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

猫がかかりやすい病気のランキングを統計データから調査

2021年の病気の統計データを基に猫がかかりやすい病気をランキング形式でまとめました。最後に気をつけるべき点も記載しています。

猫の吐き戻しの原因!原因ごとの正しい対処法

猫と暮らしている方なら何度もキャットフードの吐き戻しを経験しているかと思います。猫の吐き戻しには様々な原因が考えられますので、原因に合わせて正しい対処をしてあげましょう。今回は猫の吐き戻しの原因と対策についてまとめてみました。

猫はメロンを食べても大丈夫!?注意点や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

メロンは果肉の約90%が水分であり、βカロテンやビタミンCを含むため熱中症対策に与えることもできます。しかし、メロンは糖分を多く含むため、与える量には注意すべきです。今日はそんなメロンの食べさせ方について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

AAFCO?FEDIAF?世界のペットフード栄養基準をペット栄養管理士が解説

毎日のご飯であるペットフードがどういった栄養基準に従って製造・管理されているかを知ることはとても大切です。AAFCOやFEDIAFを例に世界の栄養基準について解説していきます。
おすすめ

猫のタウリンが不足すると大変!欠乏症の症状と摂取できる食べ物について

猫は肉食動物ですのでタンパク質摂取はとても大切です。タンパク質はアミノ酸が結合してできていますが、猫が体内で作り出すことができない必須アミノ酸は食事から摂取しないといけません。今日は必須アミノ酸の中でもタウリンが不足した場合に起こる症状と摂取できる食べ物についてご紹介します。
おすすめ

猫の食事回数は増やすべき?最新研究と共にペット栄養管理士が紹介

猫が1日に食べる食事量はパッケージに記載されていますが、食事回数まで指定されていないかと思います。そこで今日は、猫の食事回数を分けるメリットと猫の食事回数に関するカナダのゲルフ大学の研究をまとめました。
おすすめ

ボディコンディションスコア (BCS) で愛犬や愛猫の理想体型 (適正体型) を把握しましょう

愛犬や愛猫が適正体型かどうかを簡単にチェックする方法として、ボディコンディションスコア(BCS)があります。この指標を使うと体型を5段階に評価でき、適正体型かどうか判断することができます。理想体型に近づける方法についても説明していますのでご確認ください。
おすすめ

【購入前のチェック事項】ペット用サプリメントの効果と注意点をペット栄養管理士が解説

早速今日の本題です。ペットの家族化と共に愛犬・愛猫への健康意識が高まり、犬用や猫用に開発されたペット用サプリメントが動物病院やインターネットで多く見かけるようになりました。今日はペット用サプリメントの効果と必要性について説明させて頂きます。

猫はカニを食べても大丈夫!?注意すべき猫や食べさせ方をペット栄養管理士が解説

カニは抗酸化作用を持つビタミンEやアスタキサンチンを含み猫にとって体に良い海鮮物です。ただし、与え方を間違えるとビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあるため注意が必要です。そこで今日はカニの食べさせ方について解説しました。是非チェックしてみて下さい。
おすすめ

難消化性デキストリンは犬や猫の腸活におすすめ!期待できる効果をペット栄養管理士が解説

難消化性デキストリンは一見聞き慣れない単語かもしれませんが、私たちが普段の食事で摂取する食物繊維の一つです。人用の特定保健用食品や機能性表示食品でも良く利用され、最近ではドッグフードやキャットフード、犬猫用おやつでも見かけるようになりました。そこで今日は難消化性デキストリンが犬や猫に及ぼす効果についてまとめました。是非チェックしてみて下さい。
スポンサーリンク
topetをフォローする
タイトルとURLをコピーしました