犬の下痢にはさつまいもが有効!?ペット栄養管理士が解説

犬の下痢にはさつまいもが有効!?ペット栄養管理士が解説
犬の下痢にはさつまいもが有効!?ペット栄養管理士が解説

この記事の著者

著者_高山裕紀

ペット栄養管理士 高山裕紀
「食事と健康のはなし」編集長。
ペットフード会社でドッグフードの開発を経験後に動物たちの健康寿命の延伸を目的に(株)topetを創業。
日本ペット栄養学会所属。ペット栄養管理士、犬の管理栄養士を保有。

スポンサーリンク

はじめに

この記事には広告を表示しておりますが、記事を通して得られた利益は全額動物保護支援に充てられます。この活動を応援いただけますと幸いです。

サービスの目的

早速今日の本題です。犬の下痢にさつまいもが有効ですか?という質問を良く頂くため、栄養学的な観点でまとめてみました。さつまいもを愛犬に与える際は、必ず最後に記載している注意点を確認して下さい。

そもそも犬はさつまいもを食べられる?

犬はさつまいもを食べても大丈夫!

・さつまいもは加熱すれば与えても問題なし。
・生のままは下痢や嘔吐の原因になるため与えてはいけない。

さつまいもは加熱すれば愛犬に与えても問題ありません。さつまいもにはデンプン分解酵素であるアミラーゼが含まれており、加熱するとアミラーゼがでんぷんに作用して糖を作るため甘くなります。甘くなることで犬の嗜好性(食いつき)が高まりますので一石二鳥ですね。また、生のままだと消化に悪く下痢や嘔吐の原因になるため生のまま与えないでください。

さつまいもの犬に対する有効成分と効能

さつまいもの有効成分と効能

・ビタミンC、ビタミンE
・食物繊維
・ヤラピン
・カリウム

ビタミンC、ビタミンE

ビタミンCとEは抗酸化作用があり、風邪の予防や疲労の回復の効果が期待できます。

食物繊維

食物繊維は小腸で消化・吸収されずに大腸まで到達し、便を柔らかくしたり大腸を刺激することで排便を促す効果が期待できます。また、食物繊維には水溶性と不溶性があり、それぞれ作用が異なります(後述)。食べ過ぎは下痢の原因にもなりますので注意してください。

ヤラピン

ヤラピンはさつまいもを切ると出てくる白い液体に含まれる栄養成分です。ヤラピンは腸の働きを整える整腸効果があります。

カリウム

カリウムは塩分を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

犬の下痢にさつまいもは有効か?

・水溶性食物繊維
・不溶性食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維があり、さつまいもには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方含まれています。特にセルロースと呼ばれる不溶性食物繊維が多く含まれています私たちがさつまいもを食べて体感してきたように、食べた後は大腸が刺激されて排便が促されるため、便通をよくする効果が期待できます。また、水溶性食物繊維は腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えることが期待できますので、下痢や便秘になりやすい犬にも効果が期待できると言えます。

腸内環境の乱れによる一過性の下痢や軽い下痢の場合に腸内環境を整える目的でさつまいもを与えることは良いですが、下痢が続いている場合かなり水っぽいひどい下痢をしている場合は、さつまいもを与えることはおすすめしません。まずは、動物病院に相談してみることをおすすめします。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は体内で水に溶けてゲル状になり便を柔らかくします。また、善玉菌のエサとなることで、腸内環境を整えることを期待できます。

不溶性食物繊維

便の量を増やして大腸を刺激することで排便を促します。犬や猫は草食動物のように発酵槽を持たないため、不溶性食物繊維はすぐに大腸を通過してしまうため、善玉菌のエサとなることで腸内環境を整える効果は発揮し難いです。

犬にさつまいもを与える際の注意点

さつまいもを与える際の注意点

・腎臓や心臓に疾患がある犬には注意
・肥満や糖尿病の犬には注意
・消化機能が弱い子犬やシニア犬には注意

腎臓や心臓に疾患がある愛犬には注意

腎臓機能に疾患があるとさつまいもに含まれるカリウムが溜まりやすくなり、不整脈など心臓に影響を及ぼす可能性があります。

肥満や糖尿病の愛犬には注意

さつまいもは糖質が高く、血糖値を下げるためインスリンが分泌されます。そのため、肥満や糖尿病の犬はなるべく食べないほうが良いです。

消化機能が弱い子犬やシニア犬には注意

消化機能が弱い犬にさつまいもを与えると、下痢を引き起こす可能性があります。そのため、消化機能が弱い傾向のある子犬やシニア犬には注意して与えてあげてください。

まとめ

犬の下痢にさつまいもが有効ですか?という質問を良く頂くため、栄養学的な観点でまとめました。
・さつまいもにはビタミン・食物繊維・ヤラピン・ミネラルが含まれています。
・さつまいもを食べることで食物繊維による整腸作用が期待できますが、食べ過ぎは下痢の原因になるため注意してください。

・下痢が続いている場合やかなり水っぽいひどい下痢をしている場合はさつまいもを与えず、まずは病院に相談することをおすすめします。
さつまいもは腎臓や心臓に疾患がある犬には注意してください。また、消化機能が弱い子犬やシニア犬は下痢を引き起こす可能性があるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました