犬に最適な冷房の温度は?風量や風向きにも注意!

犬に最適な冷房の温度は?風量や風向きにも注意!
犬に最適な冷房の温度は?風量や風向きにも注意!

この記事の著者

著者_高山裕紀

ペット栄養管理士 高山裕紀
「食事と健康のはなし」編集長。
ペットフード会社でドッグフードの開発を経験後に動物たちの健康寿命の延伸を目的に(株)topetを創業。
日本ペット栄養学会所属。ペット栄養管理士、犬の管理栄養士を保有。

スポンサーリンク

はじめに

この記事には広告を表示しておりますが、記事を通して得られた利益は全額動物保護支援に充てられます。この活動を応援いただけますと幸いです。

サービスの目的

早速今日の本題です。室内犬の夏の暑さ対策で冷房は必須ですよね。夏の暑い日には有難い冷房ですが、間違った冷房の温度設定をすることで愛犬の体調不良を引き起こす可能性もあります。今日は愛犬が夏に快適に過ごしてもらうための冷房の温度設定ついてご説明いたします。

犬が快適な温度・湿度

犬が快適な温度・湿度

犬が快適な温度:22℃
犬が快適な湿度:60%

犬が快適に過ごせる温度と湿度ですが、夏場はこれ以上の温度・湿度になると犬の熱中症リスクが高まります。もちろん個体差があるため愛犬の様子を見ながら温度調整してあげてください。

犬が快適な冷房の温度設定

冷房の温度:25〜26℃
冷房の風量:微弱
冷房の風向き:上向き
冷房の音モード:静音 (設定できれば望ましい)

冷房の温度:25〜26℃

犬が快適な温度が【22℃】ということから冷房の温度設定は22℃がいいのでは?と考えた方もいらっしゃるかも知れません。しかし温度の低い空気は下に流れる特性があり温度ムラが発生することと外気との気温差による体調不良を考慮すると、犬にオススメの冷房の温度設定は25〜26℃が望ましいでしょう。

冷房の風量:微弱

冷房の温度が適温でも、風量が強く犬の体に風が当たり続けることは望ましくありません。犬の体に当たることがないように風量は微弱にしましょう。

冷房の風向き:上向き

犬の体に冷房の涼しい風が当たりすぎる負担がかかります。犬に冷房の風が直接当たらないように風向きは上向きにしてあげましょう。

冷房の音モード:静音 (設定できれば望ましい)

音に敏感な犬は冷房の音を怖がる可能性があります。ご自宅の冷房に音のモード設定があれば静かな設定にしてあげてください。

冷房の温度設定以外の注意点

冷房の温度設定以外の注意点

冷房の掃除をする
犬が部屋の行き来をできるようにする
犬の日陰スペースを用意する

ここまで冷房の温度設定などを確認してきましたが、最後に冷房を使用するにあたって犬を飼っている方は注意したい点をご紹介させて頂きます。

冷房の掃除をする

愛犬の冷房の温度設定も気をつけているのに冷房を付けたら愛犬が部屋から出て行ってしまった!? なんて経験ありませんか?その原因は冷房のカビかもしれません。犬の嗅覚は鋭いですので、人が感じないカビ臭さもしっかり感知します。

犬が部屋の行き来をできるようにする

犬が冷房の温度が寒いと感じたら移動できるように、部屋の扉は開けておき犬が行き来できるようにしてあげましょう。

犬の日陰スペースを用意する

犬用の日陰スペースを作っておくことで、犬が好きな時間に好きな場所でくつろげる環境を用意してあげましょう。これは万が一の冷房故障時の犬の冷房対策にもなりますので是非実施してあげてください。

まとめ

・今日は愛犬が夏に快適に過ごしてもらうための冷房の温度設定ついて説明しました。
・夏のシーズンに犬にとって快適と言われる冷房の温度は22℃、湿度は60%と言われています。
・冷房をつける場合、冷房の設定温度:25〜26℃。冷房の風量:微弱。冷房の風向き:上向き。冷房の音モード:静音 といった冷房設定が望ましいです。
・①冷房の掃除をする②犬が部屋の行き来をできるようにする③犬の日陰スペースを用意する といった点に注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました