犬がはげるを阻止するには!?食事と腸内環境が鍵となる予防や対策について詳しく解説

犬がはげるおすすめ
犬がはげる
おすすめ

犬の管理栄養士_平山賢徳

平山賢徳
犬の管理栄養士

犬の毛が抜ける、俗に言う「はげる」状態は、愛犬家や家族にとって大きな心配ごとの一つです。この記事では、犬の毛が抜ける原因から、食事と腸内環境が皮膚健康に与える影響、そして効果的な対策や予防方法まで解説します。

スポンサーリンク

犬の毛が抜ける主な原因

犬の毛が抜ける原因

犬の毛が抜ける現象は、多岐にわたる原因があります。その中でも主なものを挙げます。

季節の変わり目

犬は季節の変わり目に「換毛期」と言う自然に毛が抜け生え替わる時期があります。これは正常な生理現象であり、過度に心配する必要はありません。

犬の換毛期は、一般的に年に2回、春と秋に訪れます。春の換毛期には、冬に備えて厚くなった冬毛を抜け落とし、夏用の薄い毛に生え変わります。一方、秋の換毛期には、夏の薄い毛が抜け落ち、寒い冬に向けて厚い毛が生えてきます。

しかし、室内で飼われている犬の場合、季節の変わり目の影響を受けにくいため、年間を通じて一定量の毛が抜けることがあります。また、犬種によっても換毛期の特徴は異なり、一部の犬種はほとんど毛が抜けないこともあります。

栄養不足

不十分な栄養は、毛質の悪化や脱毛を引き起こす主要な原因です。特に重要な栄養素には、良質なタンパク質、必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸)、ビタミン(特にビタミンAとE)、ミネラル(亜鉛や鉄)があります。

また、腸内環境も皮膚の健康に大きく影響を及ぼすとされています。

皮膚病

真菌や膿皮症などの細菌感染症、アレルギー、寄生虫など、様々な皮膚病が脱毛を引き起こすことがあります。特にアレルギー性の皮膚炎は痒みを伴うわんちゃんの皮膚病で最も多いです。大きく食物が原因の食物アレルギーと、食物以外が原因のアトピー性皮膚炎に分けられます。

ホルモン異常

体内のホルモンのバランスが崩れることによって引き起こされる内分泌系の疾患が原因ではげたり脱毛したりします。ホルモンは内分泌腺から分泌され、血液を通じて体のさまざまな部位に運ばれ、成長、代謝、生殖などの重要な体の機能を調節します。

ホルモンの分泌が過剰または不足すると、体の機能に異常が生じ、様々な内分泌系の疾患が発生します。

ハゲるなど脱毛を生じる内分泌性疾患には、ホルモンの過剰分泌による甲状腺機能低下症やクッシング症候群などがあります。内分泌性疾患によるものでは、かゆみが見られないことがあります。

ストレス

強いストレスは、犬の毛の健康に悪影響を及ぼし、脱毛を引き起こすことがあります。ストレスを感じると犬は体をなめるや毛をむしるなどの行動をすることがあり、ストレスがはげてしまう原因になります。この場合はまずストレスの原因を突き止めることを意識したほうが良いでしょう。

食事と腸内環境の影響

食事と腸内環境の影響
腸内環境を整える食事

犬の皮膚と毛の健康は、適切な栄養摂取と密接に関連しています。バランスの良い食事は、皮膚を健康に保ち、脱毛を防ぐ基礎を築きますが腸内環境も皮膚の健康に大きく影響します。腸内フローラのバランスが崩れると、全身に炎症を引き起こす可能性があり、これが皮膚問題に繋がることもあります。

プロバイオティクスなどの善玉菌や食物繊維などの善玉菌の餌を含む食事やを心がけることで、腸内環境を整え、皮膚や被毛の健康をサポートすることが可能です。さらに近年ではバイオジェニックスと呼ばれる乳酸菌加熱殺菌体を効果的に用いることで腸管免疫を賦活化し、感染症を予防する対策が注目されています。

効果的な対策と予防

効果的な対策と予防
犬 腸内環境 サプリメント

普段の食事だけでは不足しがちな栄養素を補うために、腸内環境を考えた食品やサプリメントを活用するのも一つの方法です。腸特に、プロバイオティクスやプレバイオティクス、バイオジェニックスを含む食品やサプリメントは、腸内環境を整えるのに効果的です。

栄養バランスの取れた食事を提供

全ての必要な栄養素を含むバランスの良い食事を心がけます。フードだけで完結させたい場合は、総合栄養食を選んだ方が良いでしょう。一般食の場合は、他のフードや食事と混ぜたりするのが良いと思われます。

手作り食の場合は、栄養管理が大切になってきます。特にタンパク質、カルシウム、ビタミンD、ビタミンE、オメガ3脂肪酸など、特定の栄養素が不足しやすくなったり、一貫した栄養供給が難しいと感じる方は、栄養バランスの取れたフードを少し混ぜる方法も有効です。

また、日常の食事だけでは十分に摂取できない栄養素がある場合、皮膚ケアのサプリメントを用いて補うことも良いでしょう。

定期的なブラッシング

毛の絡みを解消し、皮膚の血行を促進させることで、健康な毛の成長を支援します。

病院での皮膚治療

皮膚病が疑われる場合は、早めに獣医師の診察を受け、適切な治療を行います。

ストレスの管理

犬のストレスを軽減するために、十分な運動や遊び、安心できる環境を作ることが大切です。

腸内環境の改善

プロバイオティクスやプレバイオティクスを含む食材を取り入れ、腸内フローラの健康を促進します。

愛犬の口腔ケアには「お口のふりかけ」

手作りごはんのトッピングに最適「お口のふりかけ」

手間のかかるお口のケアが『削るだけで、簡単!』

食事と一緒にできるデンタルケア -お口のふりかけ-

・普段のごはんと一緒によく噛んで食べることで、歯垢・口臭を軽減!
・粒を専用ミルにいれて2~3回擦りながら、ごはんにかけるだけで手間いらず。
・1日55円からはじめられる!

まとめ

犬の毛が抜ける問題に対処する上で、原因の特定と適切な対策の実施が必要です。愛犬の健康な皮膚と毛の維持には、栄養豊富な食事と健康的な生活習慣が不可欠です。犬の皮膚と毛の健康を守るために、飼い主は適切な知識を持ち、日々のケアに努めることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました