【無添加表記のカラクリ】無添加ペットフードの安全性について

【無添加表記のカラクリ】無添加ペットフードの安全性についておすすめ
【無添加表記のカラクリ】無添加ペットフードの安全性について
おすすめ

最近は無添加のペットフードが増えてきていますね。今日はこのキーワードで噂される内容が、本当に正しいか検証していきたいと思います。

そもそも無添加とは

無添加 = 添加物を使用していない。つまり無添加ペットフード = 添加物を使用していないペットフードと言えます。

続いて添加物とは

添加物とは大きく3つの種類があります。
① 栄養を補うための添加物
 ビタミンやミネラル、アミノ酸類がそれにあたります。総合栄養食のドッグフード・キャットフードの記載は、AAFCO (全米飼料検査官協会) の栄養基準を満たす必要があります。それを主原料だけでクリアすることは大変厳しく、必然的に栄養を補う添加物を使用しています。
② ペットフードの品質を一定に保つための添加物
 保存料や酸化防止剤がそれにあたります。保存料は細菌やカビの繁殖を防ぐため、酸化防止剤はフードの酸化による劣化を防ぐために使用しています。
③ 嗜好増進の (食いつきを良くする) ための添加物
 香料 (フレーバー) や甘味料、増粘安定剤がそれにあたります。香料や甘味料は香りや甘みにより食欲を増進させます。増粘安定剤はウェットフードやおやつで良く用いられ、ゼリー状に液体を固めてとろみをつけることで食欲を増進させます。

ここから本題

そこで「無添加ペットフード」をネットで調べてみると、下記のような記載が多く見受けられたので、内容を検証していきます。

無添加ドッグフード (キャットフード) のため安心・安全です。

「無添加」の表示ルールとは

無添加フードと記載しているフードの中には添加物 (保存料、酸化防止剤、香料、甘味料、増粘安定剤など) のどれか1つを不使用と言った意味合いで使うケースや、人工添加物を不使用 (天然由来の添加物を使用)と言った意味合いで使うケースがあります。
ですので、無添加フードと書いてあっても添加物が利用されているケースは多々あるということです。

無添加ペットフードは安心・安全?

上記から無添加ペットフードと謳っていても、添加物が使用されていることが多々ありますので、十分に原材料の欄を確認する必要があります。また、添加物でも合成と天然由来の2パターンがあり、天然由来のものであれば安全であると言えます。良く目にする合成添加物・天然添加物を記載しておきます。
【合成添加物の例】
エトキシキン、BHA・BHT、ソルビン酸カリウム、亜硝酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、着色料 (赤色○号、青色×号) 
【天然添加物の例】
ミックストコフェロール (ビタミンE)、ローズマリー抽出物

おすすめは完全無添加 !?

完全無添加と記載があっても、天然由来の添加物が使用されていたり、総合栄養食であればビタミン・ミネラルは使用されていることが多いため、結局はほとんどの場合添加物は入っています。中には全く入っていないフードもありますが、酸化防止剤が全く入っていない場合、ドライフードでは酸化が早まり下痢や嘔吐の原因にもなりえます。正直なところ全く入っていない方が身体に悪影響を与えることはあります。
そのため、ビタミン・ミネラルと天然由来の酸化防止剤以外の添加物不使用のフードを選ぶことをおすすめします。

最後に

添加物は必要だから使用していることが多いです。上にも挙げた通り、酸化防止剤を使用していないフードの場合、油分の酸化が早まるため、嗜好性の低下や体調不良を引き起こす原因にもなります。また、ビタミン類の有効性が弱まるために十分に総合栄養食としての機能を果たせないこともあります。
そのため、一概に完全に無添加が良いかというと、そうではないことをこの記事からお届けできたらと考えています。

まとめ

・ネット記事を見ていると、「無添加ペットフードは安全」との記載を多数見受けられたため、検証を行った。
・無添加ペットフードと記載があっても、添加物のどれか一つを不使用といった意味で記載していることが多々あるため、原材料を確認しないと安全とは言えません。
・”完全”無添加と記載があっても、天然由来の添加物や栄養添加物が使用されていることは多いです。しかしこれは、動物の健康を考えて配合しているものですので、本当に全く添加物が入っていないフードの方が安全性が低いのではないかと考えます。
・結果としては、ビタミン・ミネラルと天然由来の酸化防止剤以外の添加物不使用のフードを選ぶことをおすすめします。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました