【夏から秋に向けてチェック!】季節の変わり目に注意すべき愛犬の不調

【夏から秋に向けてチェック!】季節の変わり目に注意すべき愛犬の不調
【夏から秋に向けてチェック!】季節の変わり目に注意すべき愛犬の不調

 9月に入ると気温も下がり過ごしやすい秋のシーズンという感じが強まりますね。こんな季節の変わり目は人間も体調を崩しやすいと言われますが、犬も同様に不調を訴えるケースが多くなります。今日はそんな季節の変わり目に注意すべき愛犬の不調についてまとめました。

季節の変わり目に体調を崩しやすい理由

季節の変わり目に体調を崩しやすい理由

 夏から秋にかけての季節の変わり目は、朝と夜といった1日の中での寒暖差もさることながら、昨日は暑かったのに今日は寒いといった、日によっての寒暖差も大きいと思います。この気温差に対応できないと体調不良を起こしやすくなります。また、8〜10月の時期は台風の季節でもあり、低気圧の影響で自律神経の乱れを引き起こすことも考えられます。

季節の変わり目に意識したいこと

季節の変わり目に意識したいこと

寒さ対策
 洋服を嫌がらないのであれば、寒さを感じる時には暖かい洋服を着させてあげると良いです。もし洋服を嫌がればベッドに毛布を用意してあげるなど、ストレスを感じない範囲で寒さ対策を行ってあげましょう。また、散歩のタイミングも太陽が出ている時間帯を意識してあげることで極力寒い思いをさせないようにしてあげましょう。

乾燥対策
 寒さ対策として室内は暖房を付けていることが多くなるため、加湿器で室内が乾燥しないようにしてあげると良いです。また、秋は夏に比べて積極的に水分補給をしなくなる時期ですので、水分量の多い食事を心がけてあげましょう。例えばドライフードをふやかしたり、ウェットフードを利用してあげると効率的に水分補給ができますのでおすすめです。

・子犬とシニア犬対策
 子犬とシニア犬は成犬に比べて免疫力が低いため、体調を崩しやすいといえます。そのため、寒さや乾燥対策は特に注意して実施してあげてください。さらに定期的にマッサージをしてあげることで心身ともに温かみを感じさせてあげることがおすすめです。

まとめ

・今日はそんな季節の変わり目に注意すべき愛犬の不調についてまとめました。
・季節の変わり目の体調不良は、気温差や低気圧が原因で引き起こされることがあります。
季節の変わり目は、寒さ対策、乾燥対策、子犬とシニア犬対策を意識してあげると良いです。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました