【見逃しがち!?】夏バテを見分ける愛犬のサイン

【見逃しがち!?】夏バテを見分ける愛犬のサイン
【見逃しがち!?】夏バテを見分ける愛犬のサイン

 まだまだ蒸し暑い日が続いておりますが、高温多湿な日本の夏は愛犬にとって夏バテしやすい環境だと言えます。今日はそんな愛犬の夏バテのサインをまとめてみたいと思います。意外に見逃していることも多いかもしれませんので、是非チェックしてみてください。

夏バテの原因

 わんこは人のように汗で体温調整をするのではなく呼吸での放熱に頼ります。さらに被毛が体を覆っていることから暑さに弱いと言えます。また、昨今は気候変動で夏場の温度が上昇傾向にあることからも夏バテには気をつけたいですね。下記の記事に愛犬が快適な冷房設定についてまとめてますので参考にしてみてください。

夏バテと考えられるサイン

夏バテ

 夏バテに見られる愛犬のサインをまとめました。下記の傾向が見られたら夏バテを疑ってみましょう。一緒にいるからこそ良く観察してあげてくださいね。

・下痢や嘔吐
・活動量の低下
・食欲不振

下痢や嘔吐
 夏のシーズンに下痢や嘔吐が見られる場合は夏バテによる消化器不良の可能性が考えられます。しかし、下痢や嘔吐の症状は色々な病気の症状で見られますので、他の症状も加味して様子を見てあげる必要があります。

活動量の低下
 人間同様に暑さで体力が消耗されると動きたくなくなるのはわんこも一緒です。下記の傾向が見られる場合は夏バテになっている可能性があります。
  - 散歩に行きたがらない
  - いつもより良く寝ている
  - 動作がいつもよりゆっくりしている


・食欲不振
 食欲不振は色々な病気の兆候でも見られますが、夏のシーズンのみ食欲が低下しており、他に特に異常が見られない場合は夏バテを疑っても良いでしょう。食欲不振と言っても、好物やおやつも食べない場合は他の病気を疑い病院で診てもらいましょう。

まとめ

・今日は愛犬の夏バテのサインをまとめました。
わんこは人のように汗で体温調整をするのではなく呼吸での放熱に頼ります。さらに被毛が体を覆っていることから暑さに弱いと言えます。
・下痢や嘔吐、活動量の低下、食欲不振がみられる場合は夏バテを疑ってみましょう。食欲不振と言っても、好物やおやつも食べない場合は他の病気を疑い病院で診てもらいましょう。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました