【2020年実績】わんこが罹りやすい傷病と対策 〜外耳炎編〜【獣医師監修】

【2020年実績】わんこが罹りやすい傷病と対策 〜外耳炎編〜【獣医師監修】
【2020年実績】わんこが罹りやすい傷病と対策 〜外耳炎編〜【獣医師監修】

わんこが罹りやすい傷病を最新のランキングに沿ってまとめています。そして、TOP3の傷病の原因と対策を3編に分けて解説していきます。今日は第2位の外耳炎について見ていきましょう。第1位の皮膚病、第3位の胃腸炎については下記を参照ください。

わんこが罹りやすい傷病

まずは、アイペット損害保険が発表した2020年のランキング(※)を見てみましょう。この結果に基づき、保険金請求が多い傷病 = 罹りやすい傷病として第2位の外耳炎について解説していきたいと思います。

犬の保険金請求が多い傷病ランキング
<TOP10>
 第1位 皮膚病
 第2位 外耳炎
 第3位 胃腸炎

 第4位 下痢
 第5位 腫瘍
 第6位 異物誤飲
 第7位 心臓病
 第8位 歯周病
 第9位 骨折
 第10位 嘔吐

※2020/06/09 アイペット損害保険「ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2020
 通院・入院・手術を総合した保険金請求件数を参照

かかりやすい犬種

外耳炎にかかりやすい犬種として、垂れ耳、外耳道に毛が多い、皮脂が多いという特徴があります。
そのため、垂れ耳の【ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、ダックスフン、パグ】や外耳道に毛が多い【トイプードル】、皮脂が出やすい【アメリカン・コッカー・スパニエル、フレンチブルドッグ】がかかりやすいと言われています。

外耳炎の症状

下記症状がみられる場合、外耳炎を疑って良いでしょう。

におい
 耳から普段はしないキツイ臭いがする。

かゆみや痛み
 頻繁に耳の後ろを掻いたり、首を振ったりする仕草がみられる。

耳垢
 耳垢の量が普段より多かったり、ドロッとした耳垢や茶系の色をした耳垢が出る。

外耳炎の原因と対策

原因
 細菌や真菌、アレルギー性皮膚炎が考えられます。

対策
 細菌や真菌の場合、定期的な耳の清掃 (洗浄) が有効です。但し、やり方は獣医師から指示された方法で実施してください。専用の洗浄液が販売されていますが、やり方を間違えると状態を悪化させる可能性もありますので注意してください。
 また、アレルギーの場合はアレルゲンとなる食物、ダニやノミ、花粉などを極力取り除くようにしてあげてください。

最後に

今日はわんこが罹りやすい傷病の1つである外耳炎について説明してきました。耳から臭いがする場合や耳を気にしている仕草がみられる場合は外耳炎を疑ってみましょう。早期発見により病院で適切な治療を受けることで早期回復が見込めます。

まとめ

・わんこが罹りやすい傷病を最新のランキングを基に、外耳炎について解説していきます。
・外耳炎の症状としては、耳の臭い・かゆみや痛み・耳垢が挙げられます。
・原因としては、細菌や真菌、アレルギー性皮膚炎が挙げられます (対策は本編を参照ください)。
・外耳炎は早期発見が大切ですので、ぜひ普段から観察してあげてくださいね。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました