犬の下痢にさつまいもが効果的!?栄養学的にペット栄養管理士が解説

犬の下痢にりんごが効果的!?栄養学的にペット栄養管理士が解説おすすめ
おすすめ

ペット栄養管理士_高山裕紀

高山裕紀
ペット栄養管理士

犬の下痢にさつまいもが効果的ですか?という質問を良く頂きます。結論から申し上げると犬の下痢にさつまいもは効果があります。

しかし、下痢の状態によっては逆効果にもなりますので、さつまいもを愛犬に与える際の注意点を必ず確認して下さい。

スポンサーリンク

そもそも犬はさつまいもを食べられる?

犬はさつまいもを食べても大丈夫!

さつまいもは加熱すれば愛犬に与えても問題ありません。さつまいもにはデンプン分解酵素であるアミラーゼが含まれており、加熱するとアミラーゼがでんぷんに作用して糖を作るため甘くなります。

甘くなることで犬の嗜好性(食いつき)が高まります。また、生のままだと消化に悪く下痢や嘔吐の原因になるため、必ず蒸したり茹でたりして火を通しましょう

また、スイートポテトなどのさつまいもの加工品は糖分を多く含むだけではなく、カロリーが高いため与えることをおすすめしません。

・さつまいもは加熱すれば犬に与えても問題なし。
・生のままは下痢や嘔吐の原因になるため犬に与えてはいけない。
・さつまいもの加工品も糖分やカロリーの観点からおすすめしない。

さつまいもの犬に対する有効成分と効能

さつまいもの有効成分と効能

さつまいもは芋類の中でもエネルギーが高く、栄養分が豊富な食べ物です。ここではさつまいも(皮なし、蒸し)の栄養成分と犬に対する効果を説明します。

100g中に含まれる食品成分(文部科学省「食品データベース」https://fooddb.mext.go.jp/index.plより)

エネルギー131kcal
水分65.6g
タンパク質1.2g
脂質0.2g
炭水化物31.9g
灰分1.0g

ビタミンC

ビタミンの中でも強い抗酸化作用を持ち、免疫力を維持する働きが期待できます。また、犬の皮膚や関節に重要な成分であるコラーゲンとの関わりが強いと言われており、皮膚や関節の健康維持も期待されています。

ビタミンE

ビタミンEはフードの酸化防止剤にも利用されるように、抗酸化作用を持つため細胞膜の酸化や老化を防ぐことのできるビタミンです。

食物繊維

食物繊維は小腸で消化・吸収されずに大腸まで到達し、便を柔らかくしたり大腸を刺激することで排便を促す効果が期待できます。また、食物繊維の食べ過ぎは下痢の原因にもなりますので注意してください。

ヤラピン

ヤラピンはさつまいもを切ると出てくる白い液体に含まれる栄養成分です。ヤラピンは腸の働きを整える整腸効果があります。

カリウム

カリウムは神経系の働きに重要な役割を持つミネラルです。過剰なナトリウム(塩分)を体外へ排出することで、血圧を安定させる効果もあります。

さつまいもの犬に対する有効成分
・ビタミンC
・ビタミンE
・食物繊維
・ヤラピン
・カリウム

犬の下痢にさつまいもは効果的?

犬の膿皮症の症状

食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。さつまいも100gには1.0gの水溶性食物繊維と2.8gの不溶性食物繊維が含まれています

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌といった菌が存在し、それぞれのバランスが崩れると下痢になりやすくなります。下痢になりにくい腸を作るためには善玉菌を増やすことが大切になってきます。

水溶性食物繊維は摂取することで善玉菌のエサになり、腸内環境を整える働きがあります。そのため、さつまいもは腸内環境の乱れが原因による下痢の犬には効果が期待できると言えます。

また、さつまいもは不溶性食物繊維も豊富に含むことから、普段から軟便の犬には便の硬さを整えるという意味で与えても良いでしょう。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は体内で水に溶けてゲル状になり便を柔らかくします。また、善玉菌のエサとなることで、犬の腸内環境を整える効果が期待できます。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、便の量を増やして大腸を刺激することで排便を促します。しかし、犬は草食動物のように発酵槽を持たないため、不溶性食物繊維はすぐに大腸を通過してしまい、善玉菌のエサとなることで腸内環境を整える効果は発揮し難いと言われています(※)。

※ 石岡 克己 (2021) “犬と猫における消化器疾患と栄養”

犬の下痢にさつまいもは効果的?
・下痢になりにくい腸を作るためには善玉菌を増やすことが大切
・さつまいもに含まれる水溶性食物繊維は腸内環境の乱れが原因による下痢に効果的
・軟便の犬には、さつまいもに含まれる不溶性食物繊維が便の硬さを調整

犬のこんな下痢にさつまいもはNG

犬のこんな下痢にはさつまいもはNG

腸内環境の乱れにより下痢をしやすい犬には、下痢になりにくい腸内環境を作る目的でさつまいもを与えることは良いです。

一方で、愛犬の下痢が続いている場合かなり水っぽい下痢をしているなど、下記の症状がある場合は病気やウイルス感染などによる下痢の可能性があります。

そんな下痢にさつまいもは決して有効ではありません。必ず動物病院に相談してみることをおすすめします。

こんな時は動物病院に相談
・下痢を何日も続いている
・かなり水っぽい下痢をしている
・血が混ざっていたり、色が黒い便をしている
・体重が減少している

犬にさつまいもを与える際の注意点

さつまいもを与える際の注意点

腎臓や心臓に疾患がある犬に

愛犬の腎臓機能に疾患があるとさつまいもに含まれるカリウムが溜まりやすくなり、不整脈など心臓に影響を及ぼす可能性があります。

肥満や糖尿病の犬

さつまいもは糖質が高く、摂りすぎることで血糖値を下げるためインスリンが分泌されます。そのため、肥満や糖尿病の犬はなるべく食べないほうが良いです。

消化機能が弱い子犬やシニア犬

消化機能が弱い犬にさつまいもを与えると、下痢を引き起こす可能性があります。そのため、消化機能が弱い傾向のある子犬やシニア犬には注意して与えてあげてください。

さつまいもを与える量

さつまいもは100gあたり131kcalのエネルギーを含みます。そのため、与えすぎることでカロリー過多とならないように注意しましょう。

犬は体型や活動量など、個体によって1日に必要なカロリーが異なります。愛犬が1日に必要なカロリーを把握することで、おやつや食事の量を適切にコントロールしてあげましょう。

▼愛犬の1日に必要なカロリーを知るには下記記事がオススメです。

さつまいもを与える際の注意点
・腎臓病や心臓病の犬
・肥満や糖尿病の愛犬
・消化機能が弱い子犬やシニア犬
・さつまいもを与える量

まとめ

犬の下痢にさつまいもが有効ですか?という質問を良く頂くため、栄養学的な観点でまとめました。
・さつまいもにはビタミン・食物繊維・ヤラピン・ミネラルが含まれています。
・さつまいもを食べることで食物繊維による整腸作用が期待できますが、食べ過ぎは下痢の原因になるため注意してください。
・下痢が続いている場合やかなり水っぽいひどい下痢をしている場合はさつまいもを与えず、まずは病院に相談することをおすすめします。
さつまいもは腎臓や心臓に疾患がある犬には注意してください。また、消化機能が弱い子犬やシニア犬は下痢を引き起こす可能性があるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました