【夏の食欲不振】愛犬がご飯を食べない原因と対策【獣医師監修】

【夏の食欲不振】愛犬がご飯を食べない原因と対策【獣医師監修】
【夏の食欲不振】愛犬がご飯を食べない原因と対策【獣医師監修】

愛犬がご飯を食べなくなった!特に夏の時期に食欲が落ちてしまうわんこも多いですよね。今日は夏バテによる食欲不振の原因と対策についてまとめました。

食欲不振の原因

・病気や体調不良
 水を飲まない、嘔吐をする、下痢をするなど、食欲不振以外に異常が見られる場合、病気や体調不良を疑いましょう。緊急性の高い病気である可能性もあるため動物病院で診てもらうことをオススメします。
・ストレス
 環境変化や留守番の時間が増えたなど、変化のタイミングで食欲不振が起きた場合はストレス起因を疑いましょう。原因が特定できればストレッサーをできる限り解消してあげましょう。
・夏バテ
 犬は暑さに弱い生き物。全身被毛に覆われており体温調節も苦手なため、夏は私たち以上に夏バテになりやすいです。夏の暑い時期に、病気や体調不良・ストレスが原因と考えられない場合は夏バテを疑いましょう。

夏バテしやすい犬種

・ダブルコート
オーバーコートとアンダーコートの2層の被毛を持つ犬種は暑さに弱いです。
<例>
 チワワ、ポメラニアン、ゴールデンレトリバー、ダックスフント、柴犬など
・短頭種
パンティングによる体温調節が苦手なため暑さに弱いです。
<例>
 パグ、フレンチブルドッッグ、ブルドッグ、シーズー、チン、ボクサーなど
・1歳未満の子犬、7歳以上のシニア犬
 成犬に比べて体力がないため暑さに弱いです。

夏バテ対策

・水分補給
 夏バテ予防には水分補給が何より大切です。特にドライフードを上げている場合は普段以上に水分補給を心がけてください。また、ミネラル・ビタミンを摂取できるスイカやトマトなどの果物や野菜で補給すると良いです。
・室温調整
 夏の暑い日はついついクーラーで部屋を冷やしがちですが、冷たい空気は部屋の低いところに溜まりやすいため、その点は気をつけて室温調整をしてあげてください。また、クーラーだけに頼らずサーキュレーターや冷却マットなどを利用するとおすすめです。

最後に

今日は夏バテの原因と対策について説明しました。お話したポイントはもちろん、適度な運動をして夏に負けない体力作りも大切です。愛犬と共に夏を乗り越えましょう。

まとめ

・今日は夏バテによる食欲不振の原因と対策についてまとめました。
・食欲不振の原因には病気や体調不良・ストレス・夏バテが挙げられます。
・ダブルコートや短頭種、仔犬やシニア犬は夏バテに注意が必要です。
・水分補給や室温調整は夏バテ対策に有効です。冷やしすぎなどには注意しましょう。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました