今話題の乳酸菌KT-11とは?犬や猫に期待できる効果をペット栄養管理士が解説

今話題の乳酸菌KT-11とは?犬や猫に期待できる効果をペット栄養管理士が解説おすすめ
おすすめ

この記事には広告を表示しておりますが、記事を通して得られた利益は全額動物保護支援に充てられます。この活動を応援いただけますと幸いです。

サービスの目的
著者_高山裕紀

高山裕紀
ペット栄養管理士

ドッグフードやキャットフードは勿論のこと、犬猫用おやつなどの原材料でも乳酸菌を良く見かけますね。中でも乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)は近年盛んに研究されている口腔ケアに特化した乳酸菌でもあり、犬や猫用の商品でも良く見かけるようになりました。今日はそんな乳酸菌KT-11の犬や猫に対して期待できる効果について解説します。是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)とは?

乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)とは?

乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)
・口腔ケアやアレルギー症状の軽減
・殺菌処理された死菌としても活躍

乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)は、乳幼児の腸内から発見された乳酸菌です。大学との共同研究により口腔ケアやアレルギー症状の軽減など多くの効果が期待されています。犬猫用の商品に配合される際は殺菌処理された死菌として提供されていますが、乳酸菌KT-11は死菌としても活躍することがわかっています。また、乳酸菌KT-11に限らず死菌の有用性はバイオジェニックスとして近年とても期待されています(※1)。

※1直接腸内フローラのバランスが正常になるように働きかける乳酸菌。

犬や猫に乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)を与える効果は?

犬や猫に乳酸菌KT-11(クリスパタス菌KT-11)を与える効果は?

期待できる効果
・歯周病菌やプラークの減少など
・アレルギー症状の軽減

乳酸菌KT-11はメーカーと大学との共同研究が盛んに行われており、歯周病の予防・改善に関する研究結果が特に注目すべきポイントです。

歯周病菌やプラークの減少など

大学との共同研究において、歯周病菌やプラークの減少、歯茎の腫れや赤みの減少に対しての効果が確認されています (※2)。

アレルギー症状の軽減

大学との共同研究において、花粉症やアトピー性皮膚炎といったI型のアレルギーに対しての軽減作用が確認されています (※3)。

※2K. Tobita et al. (2017) “Effects of heat-treated Lactobacillus crispatus KT-11 strain consumption on improvement of oral cavity environment: a randomised double-blind clinical trial”
※3 飛田 啓輔、大谷 元 (2010) “Lactobacillus cristatus KT -11株の I型アレルギー軽減作用”

まとめ

・乳酸菌KT-11は犬や猫の口腔ケアやアレルギー症状の軽減、殺菌処理された死菌としても活躍しています。
・メーカーとと大学との共同研究では、歯周病菌やプラークの減少、アレルギー症状の軽減などの効果が確認されています。

タイトルとURLをコピーしました