【これ食べちゃダメなの!?】わんこにNGな食べ物

【これ食べちゃダメなの!?】わんこにNGな食べ物
【これ食べちゃダメなの!?】わんこにNGな食べ物

多くの方は市販のドッグフードを与えているかと思いますが、今後手作り食を作りたい方やおやつとして人が食べている食べ物を与えたい方向けにワンちゃんがNGの食べ物をまとめました。

魚介類

①生のエビ、カニ、イカ、タコ
<症状>
 疲労感、筋力低下など
<原因>
 チアミナーゼによりビタミンB1欠乏症を引き起こすことで疲労感、筋力低下を引き起こします

野菜

①ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニク
<症状>
 食欲不振、元気が出ない、疲れやすい など
<原因>
 溶血性貧血 (血液中の赤血球が破壊されることで起こる貧血)
 アリルプロピルジスルフィドが原因と言われていたが、現在は3種類の有機チオ硫酸化合物が原因物質とされています
②アボカド
<症状>
 嘔吐、下痢 など
<原因>
 ペルシンが原因とされています。ペルシンは毒性が強く中毒症状を引き起こします。

果物

①ぶどう、レーズン
<症状>
 嘔吐、下痢、急性腎不全
<原因>
 明らかにされていません。

お菓子

①チョコレート
<症状>
 興奮、痙攣、嘔吐、下痢 など
<原因>
 分解・排出が苦手なテオブロミンが体内に蓄積することにより、中毒症状を引き起こします。
②キシリトール
<症状>
 元気が出ない、痙攣、嘔吐、下痢
<原因>
 低血糖症 (血中の糖分濃度が著しく低下する病気)
 キシリトールによりインスリンが放出され、血糖を低下されることにより引き起こされる。

もし食べてしまったら

可能であればすぐに吐かせてください。①食べたもの②食べた量③食べた日時は必ず覚えておき、症状が出た場合 or 心配な場合はすぐにかかりつけの動物病院で診てもらうべきです。

まとめ

・野菜はネギ、タマネギ、ニラ、ニンニク、アボカドに気をつけましょう。
・果物はぶどう、レーズンに気をつけましょう。
・お菓子はチョコレート、キシリトールに気をつけましょう。
・食べて症状が出た or 心配な場合は、①食べたもの ②食べた量 ③食べた日時をメモして動物病院で診てもらいましょう。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました