【意外に知らない!?】わんこが苦手な”におい”

【意外に知らない!?】わんこが苦手な"におい"
【意外に知らない!?】わんこが苦手な"におい"

人間の1,000から100,000,000倍といわれている桁違いのわんこの嗅覚ですが、今日はそんなわんこが苦手とする”におい”についてまとめたいと思います。
普段何気なく生活している中で発生する”におい”。わんこに嫌だなーって思われたくはない!そんな想いがある方は是非今日のコラムを参考にして下さい。

香水・整髪剤

わんこにとって自然界にない人工的な”におい”は警戒する本能があります。基本的に化学物質が入ったものは注意が必要です。香水・整髪剤以外にも殺虫剤や湿布も好まないので注意しましょう!

アルコール

お酒は言わずもがなNGです。酔っ払って愛犬に抱きついた時のわんこの心は「やめて!」と感じているでしょう。また、敏感な子はアルコールのにおいを嗅ぐだけでも酔ってしまうこともあります

柑橘類

柑橘類特有の酸味のある”におい”は得意としません。柑橘類そのものは勿論のこと、柑橘系の芳香剤も嫌がる子は多いと思います。

マニキュア

人間でも刺激的に感じる”におい”は、わんこにとっては桁違いに刺激的だとイメージして下さい。除光液も同様に苦手ですので、同じ部屋にわんこがいる場合は配慮してあげると良いです。

胡椒・酢

スパイスの強い香りや、酢のツンとする香りもわんこにとっては強すぎる刺激になります。料理の際にわんこが近くに居たら注意してあげましょう。

最後に

人間より桁違いに嗅覚が発達していると考えると、自ずとわんこが嫌いな”におい”もわかってくるかと思います。
できるだけわんこが嫌いな”におい”を避けてあげることは勿論ですが、生活の中で”におい”が発生することはやむを得ないことです。
その場合は、すぐに換気してあげるなどの”配慮をしてあげる気持ち”が最も大切だと思います。

まとめ

・わんこの嗅覚は人間の1,000から100,000,000倍とかなり優れています
・香水・整髪剤、アルコール、柑橘類、マニキュア、胡椒・酢は嫌いとする”におい”のため注意しましょう。
・換気を心がけるなど、わんこに配慮した気持ちを持って生活することが最も大切です。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである各専門領域の先生方(獣医師/薬剤師) の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました