【猫の飼い主は必見】猫の必須アミノ酸 タウリン

【猫の飼い主は必見】猫の必須アミノ酸 タウリン
【猫の飼い主は必見】猫の必須アミノ酸 タウリン

猫は言わずと知れた肉食動物ですが、肉食動物であるがゆえにタンパク質摂取はとても大切で、不足すると病気にも繋がります。今日はその中でも飼い主であれば絶対に知っておいてほしいタウリンについて解説します。

タンパク質とアミノ酸

タンパク質は身体を作る重要な3大栄養素の一つです。このタンパク質はアミノ酸が結合してできており、結合するアミノ酸は20種類あります。この20種類の中でも人が体内で十分な量を作り出すこと(合成)ができないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます

必須アミノ酸

十分な量を体内で合成できないアミノ酸である必須アミノ酸ですが、動物によって必須の数は異なり、犬は10種類に対して猫はこの10種類+タウリンの11種類あります。このタウリンは動物の組織のみに存在するアミノ酸であるため、猫は必ず動物の肉からタウリンを摂取する必要があります。正に肉食動物ですね。

<猫の必須アミノ酸>
アルギニン、ヒスチジン、イソロイシン、バリン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、リジン、トリプトファン、フェニルアラニン、タウリン

タウリンが欠乏すると

タウリン欠乏は拡張型心筋症の発生リスクを高めます。拡張型心筋症は心室の収縮機能が低下する病気で、初期症状があまりありません。そのため、呼吸困難などの明らかな症状が出るときにはかなり重症化しているケースが多いです。また、昔のフードはタウリン不足が良くありましたが、最近のフードは必要なタウリンがしっかり含まれているため、総合栄養食を与えていればタウリン欠乏の心配はいりません

最後に

今日は猫の必須アミノ酸であるタウリンについて説明しました。最近の総合栄養食のキャットフードであればタウリン欠乏になることは稀ですが、総合栄養食以外を与える場合、特に手作り食を与えている飼い主さんは注意が必要だと思います。手作り食の場合はサプリメントなどでタウリン量を補給すると良いです。サプリメントについては下記記事をご参照ください。

まとめ

・猫の飼い主なら絶対に知っておいてほしいタウリンについて解説します。
・体内で十分な量を作り出すこと(合成)ができないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。
・動物によって必須の数は異なり、犬は10種類に対して猫はこの10種類+タウリンの11種類あります。
・タウリン欠乏は拡張型心筋症の発生リスクを高めます。
・最近の総合栄養食のキャットフードであればタウリン欠乏になることは稀ですが、総合栄養食以外を与える場合は注意が必要です。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました