猫に最適な冷房の温度!夏のお留守番は要注意

猫に最適な冷房の温度!夏のお留守番は要注意
猫に最適な冷房の温度!夏のお留守番は要注意

この記事の著者

著者_高山裕紀

ペット栄養管理士 高山裕紀
「食事と健康のはなし」編集長。
ペットフード会社でドッグフードの開発を経験後に動物たちの健康寿命の延伸を目的に(株)topetを創業。
日本ペット栄養学会所属。ペット栄養管理士、犬の管理栄養士を保有。

スポンサーリンク

はじめに

この記事には広告を表示しておりますが、記事を通して得られた利益は全額動物保護支援に充てられます。この活動を応援いただけますと幸いです。

サービスの目的

早速今日の本題です。夏になると気温もグッと上がって冷房が欠かせませんよね。そんな冷房ですが、お出かけの際はどうしていますか?暑さに強い猫と言ってもあまりに暑い日のお留守番はとても辛いです。今日は留守番時の猫が快適に過ごしてもらうための冷房の温度調節についてご紹介いたします。

猫が快適な温度・湿度

猫が快適な温度・湿度

猫が快適な温度:26~28℃
猫が快適な湿度:40~60%

夏のシーズンに猫にとって快適と言われる温度と湿度ですが、温度については人間の適温よりやや高め、湿度については人間の感覚と同様で良いです。猫が部屋の涼しいところでジッとしていれば暑いと感じていると思いますし、その逆も然りです。また、短毛種の猫や老猫などは寒さを感じやすいと言われているため、冷房は上記温度よりやや高めの設定にしておくと良いかもしれません。

猫のためにしたい外出時の冷房設定

猫のためにしたい外出時の冷房設定

冷房の設定温度:28℃
冷房の風量:微弱
冷房の風向き:上向き
冷房の音モード:静音 (設定できれば望ましい)

部屋の温度が30度を超えるような日の留守番は暑さに強い猫でもかなり辛いです。そのため外出時は愛猫のために冷房を付けておくのが無難でしょう。もちろん個体差があるため愛猫の様子を見ながら冷房の温度を判断してあげてください。猫にオススメの冷房の温度設定は上記の通りです。

冷房の温度:25〜26℃

猫に適切な冷房の設定温度ですが、冷たい空気は下に流れる特性がありますので、冷房を設置している上部の温度が28℃になっても、猫がいる床の付近の温度はそれ以下になります。そのため冷房の温度を28℃としておくことで猫の適温に保たれます。

冷房の風量:微弱

猫に適切な温度でも猫の体に風が当たり続けることは良くありません。猫に適切な冷房の風量ですが、猫は冷気に当たることを好まないため冷房の風量は微弱にしてあげましょう。

冷房の風向き:上向き

猫の体に冷房の涼しい風が当たりすぎる負担がかかります。猫に冷房の風が直接当たらないように風向きは上向きにしてあげましょう。

冷房の音モード:静音 (設定できれば望ましい)

ご自宅の冷房に音のモード設定があれば静かな設定にしてあげてください。猫は耳が人より遥かに良いため冷房の音を気にする猫が多くいます。

冷房の温度設定以外の注意点

冷房の温度設定以外の注意点

エアコンの掃除をする
猫が部屋の行き来をできるようにする
猫が日陰スペースを用意する

ここまでに冷房の温度の設定内容などを確認してきましたが、最後に温度などの設定以外で冷房を使用するに当たって猫を飼っている方が注意したい点をご紹介させて頂きます。

冷房の掃除をする

愛猫のために冷房の温度設定など注意しているのに、冷房を付けたら愛猫が部屋から出て行ってしまった!? なんて経験ありませんか?その原因はカビかもしれません。猫の嗅覚は鋭いですので、人が感じないカビ臭さもしっかり感知します。

犬が部屋の行き来をできるようにする

猫が冷房の温度が寒いと感じたら移動できるように、部屋の扉は開けておき猫が行き来できるようにしてあげましょう。

犬の日陰スペースを用意する

猫は居心地の良い場所を見つけるプロです。日陰スペースを作っておくことで猫が好きな時間に好きな場所でくつろげる環境を用意してあげましょう。これは万が一の冷房故障時の猫の冷房対策にもなりますので是非実施してあげてください。

まとめ

・今日は留守番時の猫が快適に過ごしてもらうための冷房の温度調節についてご紹介いたします。
・夏のシーズンに猫にとって快適と言われる冷房の温度と湿度ですが、温度については人間の適温よりやや高め、湿度については人間の感覚と同様。
・冷房つける場合の猫に適切な各設定は、冷房の設定温度:28℃、冷房の風量:微弱。冷房の風向き:上向き。冷房の音モード:静音 といった設定温度が望ましい。
・①エアコンの掃除をする②猫が部屋の行き来をできるようにする③猫の日陰スペースを用意する といった点に注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました