【最新研究と共に解説】猫♡マタタビの謎

【最新研究と共に解説】猫♡マタタビの謎
【最新研究と共に解説】猫♡マタタビの謎

にゃんこがマタタビを好むのは世の中のにゃんこ好きのみならず、皆周知の事実かと思います。しかし、なぜ好むのかは長らく謎に包まれていました。その謎を岩手大学や名古屋大学など日英の研究グループが解き明かしたニュースが話題になりましたので、研究結果に触れながら取り上げてみたいと思います。

マタタビとは?

マタタビ科マタタビ属の落葉蔓性木本 (らくようつるせいもくほん) で、夏に梅によく似た花を咲かせることから、別名「夏梅」と言われています。最新の研究では、マタタビに含まれる「ネペタラクトール」がにゃんこを釘付けにしていることがわかっています。にゃんこ向けには、粉末に加工されたものがよく販売されていますね。

ネコがマタタビを好む理由を解明

にゃんこのマタタビ釘付け反応は、「ネペタラクトール」を体に擦りつけるための行動で、これによって寄生虫やウイルスなどを媒介する蚊を避けている!ということが解りました。また、わんこは反応しないがにゃんこは反応する理由は今後研究していくそうです。
一説によると、ネコ科の動物は茂みの中という蚊に刺されやすい場所で獲物を狙うため、植物の匂いをつけて蚊を避ける行動が身についたのではないかと言うことです。確かにしっくりきますね!

愛猫にマタタビをあげるときの注意点

一度に大量に与えると、中枢神経が異常麻痺を起こす可能性もありますので、パッケージ記載の用法用量を必ず守りましょう。また、にゃんこの手の届くところに保管すると、外出時などに大量摂取してしまう可能性もあるのでその点も注意が必要です。また、1歳未満のニャンコ、心臓疾患を持っているニャンコには体への負担が強い場合がありますので、控えた方が良いです

最後に

マタタビをご褒美として与えている方も多いかと思います。多くのニャンコにとっては大好きな成分が入っているため沢山欲しがっては来ますが、用法用量はしっかり守ってあげてください。
また、大好きなことを上手く利用して、食欲がないニャンコの食事やお水に混ぜてあげることで食欲増進を図ったり、おもちゃに付けることでストレス解消や運動不足解消に役立てても良いと思います。

まとめ

・マタタビは、マタタビ科マタタビ属の落葉蔓性木本 (らくようつるせいきもと) で、夏に梅によく似た花を咲かせることから、別名「夏梅」と言われています。
・ニャンコのマタタビ釘付け反応は、「ネペタラクトール」を体に擦りつけるための行動で、これによって寄生虫やウイルスなどを媒介する蚊を避けている!ということが最新研究で解りました。
・一度に大量に与えると、中枢神経が異常麻痺を起こす可能性もありますので、パッケージ記載の用法用量を必ず守りましょう。
・大好きなことを上手く利用して、食欲がないニャンコの食事やお水に混ぜてあげることで食欲増進を図ったり、おもちゃに付けることでストレス解消や運動不足解消に役立てても良いと思います。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました