【無添加表記には注意】キャットフードの添加物で注意するポイントは?ペット栄養管理士が解説

キャットフードの添加物で注意するポイントは?おすすめ
キャットフードの添加物で注意するポイントは?
おすすめ

この記事の著者

著者_高山裕紀

ペット栄養管理士 高山裕紀
「食事と健康のはなし」編集長。
ペットフード会社でドッグフードの開発を経験後に動物たちの健康寿命の延伸を目的に(株)topetを創業。
日本ペット栄養学会所属。ペット栄養管理士、犬の管理栄養士を保有。

スポンサーリンク

はじめに

この記事には広告を表示しておりますが、記事を通して得られた利益は全額動物保護支援に充てられます。この活動を応援いただけますと幸いです。

サービスの目的

早速今日の本題です。最近は無添加 (添加物不使用)のキャットフードを多く見かけますよね。今日はキャットフード選びで気になる添加物について注意すべきポイントを解説します。さらに、無添加表記には意外と知られてないルールがありますので、是非チェックしてみて下さい。

キャットフードの添加物とは

キャットフードの添加物とは

・栄養を補うための添加物
・キャットフードの品質を一定に保つための添加物
・嗜好増進の(食いつきを良くする)ための添加物

添加物は大きく3つの種類があります。栄養添加のためや品質維持のためなど、必ず意味があって添加されていますので、それぞれの役割を確認しておきましょう。

① 栄養を補うための添加物

ビタミンやミネラル、アミノ酸類がそれにあたります。総合栄養食のキャットフードの記載は、AAFCO (全米飼料検査官協会) の栄養基準を満たす必要があります。それを主原料だけでクリアすることは大変厳しく、必然的に栄養を補う添加物を使用しています。栄養を補うために使用される添加物については特に注意は不要です。

② キャットフードの品質を一定に保つための添加物

保存料や酸化防止剤がそれにあたります。保存料は細菌やカビの繁殖を防ぐため、酸化防止剤はフードの酸化による劣化を防ぐために使用しています。キャットフードに使用される保存料や酸化防止剤には注意が必要な添加物が使用されているケースがあります

③ 嗜好増進の (食いつきを良くする) ための添加物

香料 (フレーバー)や甘味料、増粘安定剤がそれにあたります。香料や甘味料は香りや甘みにより食欲を増進させます。増粘安定剤はウェットフードやおやつで良く用いられ、ゼリー状に液体を固めてとろみをつけることで食欲を増進させます。原材料だけで食いつきが良いキャットフードを作ることが理想ですが、実際は難しいため香料や甘味料を使用しているキャットフードやおやつは良く見かけますね。嗜好増進の(食いつきを良くする)添加物にも注意が必要なものあります

キャットフードで気をつけるべき添加物は?

キャットフードで気をつけるべき添加物は?

・合成(人工)添加物
・天然添加物

キャットフードの品質を一定に保つ添加物は最低限必要です。また、食欲がなく嗜好増進の(食いつきを良くする)添加物がどうしても必要な犬もいます。そういった場合に安全性を見定めるポイントをご紹介します。添加物には合成(人工)添加物天然添加物の2パターンがあり、合成(人工)添加物には発がん性といった健康被害が確認されたものもあるため、注意が必要です。そのため、添加物を使用しているキャットフードは出来るだけ天然添加物を使用したものを選ぶことが大です。但し、合成(人工)添加物の使用については健康被害が起こらない範囲での使用が法律として定められているため、合成(人工)添加物が使用されているキャットフードを食べると健康被害が起こるという訳では決してありません。

キャットフードで使用される合成添加物

エトキシキン:キャットフードの酸化を防ぐために使用される合成(人工)添加物です。果物の焼け病防止剤として用いられる農薬でもあります。

BHA・BHT:キャットフードの酸化を防ぐために使用される合成(人工)添加物です。ある一定以上の接種で発がん性が報告されています。

ソルビン酸カリウム:細菌やカビの発生・増殖を防ぐために使用される合成(人工)添加物です。食品でも良く使用される保存料です。他の食品添加物との使用で発がん性が報告されています。

亜硝酸ナトリウム:発色剤や細菌やカビの発生・増殖を防ぐために使用される合成(人工)添加物です。キャットフードではウェットフードで良く使用されます。他の食品添加物との使用で発がん性が報告されています。

亜硫酸ナトリウム:防腐剤として使用される合成(人工)添加物です。少量でも危険度が高い添加物です。

赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号:着色料として使用される合成(人工)添加物です。中々使用しているキャットフードはありませんが、着色料における日本の法律はヨーロッパやアメリカと比べて緩い傾向があるため注意が必要です。

天然添加物の例

ミックストコフェロール (ビタミンE):酸化を防止する天然添加物です。ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれます。トコフェロールにはα-トコフェロール、β-トコフェロール、γ-トコフェロール、δ-トコフェロールの4種類が存在し、4種類を組み合わせたのがミックストコフェロールです。

ローズマリー抽出物:酸化を防止する天然添加物です。ローズマリー抽出物は強い抗酸化作用を持っており、ミックストコフェロールと組み合わせるとより良い効果があると言われています。この酸化防止剤は少しお高いキャットフードで使用されている印象です。

添加物不使用(無添加)のキャットフードは安心・安全?

添加物不使用(無添加)のキャットフードは安心・安全?

・キャットフードに添加物は基本的に使用されている
・添加物不使用(無添加)の表示ルールには気を付ける

よく添加物不使用(無添加)を売りにしたキャットフードを目にしますが、総合栄養食のキャットフードにおいて全ての添加物を使用していないキャットフードは(ほぼ)存在しないと思います。総合栄養食の基準を満たすために栄養を補うための添加物が使用されていたり、キャットフードの品質を一定に保つための添加物が使用されているケースが殆どです。しかし、無添加キャットフードといった名前を良く見かけるのは何故でしょうか?

添加物不使用(無添加)の表示ルールとは

添加物不使用(無添加)のキャットフードという記載は添加物(保存料、酸化防止剤、香料、甘味料、増粘安定剤など)のどれか1つを使用していなければ記載できてしまいます。そのため、添加物不使用(無添加)という単語に釣られて買ってみたら添加物が沢山使用されていた!なんてことがないように、しっかり原材料欄を確認してみて下さいね。

酸化防止剤が無添加のキャットフードは要注意

酸化防止剤が無添加のキャットフードは要注意

・酸化防止剤が無添加のキャットフードは下痢や嘔吐といった健康被害の原因になる
・添加物不使用(無添加)の表示ルールには気を付ける

最近気になっているのは、酸化防止剤が全く入っていないことを売りにしているキャットフード。基本的に酸化防止剤は天然由来のものであれば安心ですし、酸化防止剤が入っていない場合は油分の酸化が早まり下痢や嘔吐といった健康被害の原因となります。添加物を使用していないことを売りにした商品が多いですが、気をつけてほしいポイントです。

余談ですが、私自身キャットフードの開発をしてきた経験からお伝えしたいのは、メーカーの言葉が全て正しいとは考えずに、様々な情報を調べて判断されるのが良いです。大切な愛犬の健康ですので時間は惜しまず調査しましょう。

まとめ

・キャットフード選びで気になる添加物について注意すべきポイントを解説しました。
・添加物は合成添加物と天然添加物を意識すると良いです。
・添加物不使用(無添加)が安全安心かというと決してそうではありません。特に(天然)酸化防止剤はちゃんと使用しているフードを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました