2021年版データから見る犬がかかりやすい疾患・病気

2021年版データから見る犬がかかりやすい疾患・病気おすすめ
おすすめ

今回は犬がかかりやすい病気についてまとめました。犬がどんな病気にかかりやすいのかをしっかり把握しておくことで、自身の愛犬の健康維持に少しでも役立てておきたいですね。そこで今日は、アニコム ホールディングスが発表した「アニコム 家庭どうぶつ白書2021」を引用させて頂き、2021年の疾患統計データを基に犬がかかりやすい疾患・病気についてまとめてみました。

犬がかかりやすい疾患・病気TOP3

犬がかかりやすい疾患・病気TOP3

1位:皮膚疾患

皮膚疾患は、犬の疾患の請求割合25.8%を占めます(※)。毛が抜ける、皮膚の赤みや湿疹、痒がるなどの症状が出る皮膚疾患ですが、アレルギー、菌、ストレス、寄生虫など原因は多岐にわたります。

2位:消化器疾患

消化器疾患は、犬の疾患の請求割合24.8%を占めます(※)。消化器疾患は、食欲不振、嘔吐、下痢(軟便)といった消化器の症状を指しますが、急性胃腸炎、膵炎、過敏性腸症候群など原因は様々です。

3位:耳の疾患

皮膚疾患は、犬の疾患の請求割合16.1%を占めます(※)。外耳炎や中耳炎が代表的な皮膚疾患ですが、耳垢が増える、耳を痒がる、頭を振るといった症状が主に現れます。

犬の疾患 (大分類単位) の請求割合 (※)

※アニコムホールディングス「家庭どうぶつ白書 2021」(第2部 第2章 品種別の統計)

犬がかかりやすい疾患・病気を品種別に見る

前章では品種全体で見た疾患の請求割合を紹介しました。ここでは代表的な3疾患において、かかりやすい傾向が高い品種をまとめています(※)。愛犬の品種に当てはまるものがないか是非チェックしてみてください。

皮膚疾患にかかりやすい品種

品種全体で見た皮膚疾患の請求割合は25.8%ですが、全体平均より+5.0%以上の品種をピックアップしてみました (黒字は特に高い品種)。

・柴 34.5% (平均+8.7%)
・ミニチュア・シュナウザー 30.9% (平均+5.1%)
・シーズー 43.8% (平均+13.0%)
・フレンチ・ブルドッグ 53.9% (+28.1%)
・ゴールデン・レトリーバー 40.3% (+14.5%)
・ラブラドール・レトリーバー 33.7% (+7.9%)
・パグ 46.5% (+20.7%)
・ミニチュア・ピンシャー 31.1% (+5.3%)
・ペキニーズ 38.0% (+12.2%)
・ビーグル 31.0% (+5.2%)
・ボストン・テリア 37.1% (+11.3%)
・ビション・フリーゼ 34.4% (+8.6%)
・アメリカン・コッカー・スパニエル 38.8% (+13.0%)
・バーニーズ・マウンテン・ドッグ 35.5% (+9.7%)
・秋田 38.5% (+12.7%)
・ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア 50.8% (+25.0%)

消化器疾患にかかりやすい品種

品種全体で見た消化器疾患の請求割合は24.8%ですが、全体平均より+5.0%以上の品種をピックアップしてみました (黒字は特に高い品種)。

・ヨークシャー・テリア 32.3% (+7.5%)
・フレンチ・ブルドッグ 31.3% (+6.5%)
・キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 32.1% (+7.3%)
・イタリアン・グレーハウンド 31.3% (+6.5%)
・ボストン・テリア 30.0% (+5.2%)
・ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア 34.0% (+9.2%)

耳の疾患にかかりやすい品種

品種全体で見た耳の疾患の請求割合は16.1%ですが、全体平均より+5.0%以上の品種をピックアップしてみました (黒字は特に高い品種)。

・シー・ズー 27.3% (+11.2%)
・フレンチ・ブルドッグ 29.3% (+13.2%)
・マルチーズ 25.6% (+9.5%)
・ゴールデン・レトリーバー 33.2% (+17.2%)
・キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 25.0% (+8.9%)
・ラブラドール・レトリーバー 26.8% (+10.7%)
・パグ 35.9% (+19.8%)
・ビーグル 23.6% (+7.5%)
・アメリカン・コッカー・スパニエル 44.3% (+28.2%)
・バーニーズ・マウンテン・ドッグ 23.1% (+7.0%)
・ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア 34.9% (+18.8%)

※アニコムホールディングス「家庭どうぶつ白書 2021」(第2部 第3章 死亡と寿命)

犬と暮らす上で気をつけたいこと

猫と暮らす上で気をつけたいこと

次に死亡率の統計を見るとシニア期に入る7歳以降に高くなり始め、10歳以降はさらに大きく高まっていることがわかります(※)。少しでも健康に長生きしてもらうために、愛犬がどんな疾患や病気にかかりやすいのかを把握し、若いうちから食事や運動といった健康のケアをしてあげることが大切です。

犬の死亡率の年齢推移 (※)

まとめ

・今日は2021年の疾患統計データを基に犬がかかりやすい疾患・病気についてまとめてみました。
・請求割合が高い疾患は、皮膚器、消化器、耳の疾患の3つです。
・品種によってかかりやすい疾患は異なりますので、是非統計データを参考にしてみてください。
・シニア期に入る7歳以降に死亡率は高まっていくため、若い頃から食事や運動といった健康のケアをしていくことが大切です。

この記事の著者

著者_高山裕紀

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました