【グレインフリーって良いの?】穀物とペットの健康について【獣医師監修】

【グレインフリーって良いの?】穀物とペットの健康について【獣医師監修】おすすめ
【グレインフリーって良いの?】穀物とペットの健康について【獣医師監修】
おすすめ

最近は「グレインフリー」「グルテンフリー」のペットフードが増えてきていますね。
今日はよく耳にするこのキーワードに関する噂を検証していきたいと思います。

そもそもグレインフリーとは?

グレイン = 穀物です。
つまり、グレインフリー = 穀物不使用 といった意味になります。

続いてグルテンフリーとは

グルテンは麦類に含まれるタンパク質から生成され、特に小麦から多く生成されます。
つまり、グルテンフリー = グルテン不使用 といった意味になります。

ここから本題

そこで「グレインフリー」、「グルテンフリー」をネットで調べてみると、
下記のような記載が多く見受けられたので、内容を精査していきます。

ワンちゃん・猫ちゃんは穀物を消化できないため、グレインフリーのフードがオススメです。

ワンちゃん・猫ちゃんが穀物を食べるとアレルギーを発症しやすいため、グレインフリー / グルテンフリーのフードがオススメです。

穀物を消化できない?

調理していない穀物は確かに消化しにくいですが、一般的なペットフードは穀物を加水・加熱調理 (α化) しているため問題なく消化できます。そのため、ペットフードに限って言えば、間違っていると考えられます。

穀物を食べるとアレルギーになる?

ペットフードに利用される穀物というと、小麦・トウモロコシや雑穀がありますが、アレルギーが比較的発生しやすいのは小麦とトウモロコシとなります。
小麦はグルテンがアレルギーの原因となりますが、同じムギ類でもライ麦や大麦などはグルテンをほとんど生成しないため問題ないと言えます。
したがって、穀物全般がアレルギーになる訳ではありません
また、栄養価が高い雑穀を売りにしたペットフードも販売されており、穀物全てを無くしたペットフードは、逆に大切な栄養を摂り損ねる可能性もあると考えられます

まとめ

・ネット記事を見ていると、犬/猫は穀物を消化できない、穀物を食べるとアレルギーを発症するのかについて検証します。
・”犬/猫が穀物を消化できない”はペットフードに限れば正しくない。もちろん、穀物をそのまま食べれば消化できないが、一般的なペットフードは加水/加熱調理 (α化) されているため問題なく消化できます。
・”犬/猫が穀物でアレルギーを発症する”は全てがアレルギーになるわけではなく、トウモロコシとグルテンを多く生成する小麦についてはアレルギーが出やすいです。また、栄養価が高い雑穀を売りにしたペットフードも販売されており、穀物全てを無くしたペットフードは、逆に大切な栄養を摂り損ねる可能性もあると考えられます。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました