【膿皮症】梅雨のシーズンに気をつけたい皮膚病【獣医師監修】

【膿皮症】梅雨のシーズンに気をつけたい皮膚病【獣医師監修】
【膿皮症】梅雨のシーズンに気をつけたい皮膚病【獣医師監修】

 ジメジメした毎日が続いていますが、最近愛犬が痒がっていたりしませんか?今日は梅雨の時期だからこそ気をつけたい皮膚病について紹介いたします。

皮膚病

高温・多湿な環境は人にとって非常に生活しづらいと感じますが、それは犬にとっても同様です。そして、梅雨のシーズンは皮膚のバリア機能が低下して皮膚病を発症することが多いです。中でも特に多い膿皮症について解説していきます。皮膚病全般について知りたい方は下記を参考にしてください。

膿皮症の症状

膿皮症は皮膚に最近が感染することによって発症します。梅雨のシーズンに下記の症状が見られるのであれば膿皮症を疑い、動物病院で診てもらうことをオススメします。

痒み
 痒みがあるかどうかは、舐める・擦り付ける・引っ掻くといった行動から判断できます。

脱毛
 毛が抜けてしまっている場合、自身で掻いたこと (痒み) が原因なのか、掻いていないのに毛が抜けてしまっているのか確認しましょう。痒みが原因の場合は皮膚病による脱毛の可能性が高いです。一方で、痒みが原因ではない場合は、ホルモン性の疾患や遺伝性の疾患などが考えられます。

赤み・発疹
 見た目から膿皮症が原因か判断することは難しいですが、動物病院で診てもらうことである程度原因は特定できます。

膿皮症の対策

膿皮症は発症すると厄介ですので、しっかり未然に防ぎましょう。これは梅雨の時期に限らず意識して欲しいポイントでもあります。

シャンプー
 シャンプーでの洗い過ぎは皮膚を乾燥させ、必要以上の皮脂を分泌させることに繋がります。そのため、膿皮症に限らず皮膚病全般に良くないため気をつけましょう。

ブラッシング
 被毛の湿度を上げないように適度なブラッシングは有効です。また、ブラッシングのし過ぎは皮膚を傷つける原因にもなりますので注意しましょう。

温度・湿度管理
 部屋の温度・湿度管理はもちろんですが、洋服を着せっぱなしにするなど被毛の湿度が高くなることは避けましょう。

ブラッシング

まとめ

・今日は梅雨の時期だからこそ気をつけたい皮膚病について紹介いたします。
・梅雨のシーズンは皮膚のバリア機能が低下して皮膚病を発症することが多いです。中でも特に多い膿皮症について解説していきます。
・痒み、脱毛、赤み・発疹が梅雨のシーズンに見られる場合は、膿皮症を疑っても良いでしょう。
・シャンプー、ブラッシング、温度・湿度管理を意識することで、膿皮症をしっかり未然に防ぎましょう。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました