【夏のシーズン必見】愛犬が快適に過ごせる冷房 (クーラー) 設定について

【夏のシーズン必見】愛犬が快適に過ごせる冷房 (クーラー) 設定について
【夏のシーズン必見】愛犬が快適に過ごせる冷房 (クーラー) 設定について

 室内犬の夏の暑さ対策で冷房(クーラー)は必須アイテムですよね。今日は愛犬が夏に快適に過ごしてもらうための冷房設定ついてご紹介いたします。

犬の快適な温度と湿度

 愛犬が快適に過ごせる温度と湿度ですが、夏場はこれ以上の温度・湿度になると熱中症リスクが高まります

温度:22℃
湿度:60%

 もちろん個体差があるため愛犬の様子を見ながら適温を判断してあげてください。

夏の犬

冷房の推奨設定

 愛犬が快適に過ごせる温度と湿度がわかったところで、冷房の設定温度を検討していきましょう。22℃がいいのでは?と考えた方もいらっしゃるかも知れませんが、温度の低い空気は下に流れる特性があり温度ムラが発生することと外気との気温差による体調不良を考慮すると、オススメの設定は下記の通りです。

設定温度:25〜26℃
風量:微弱
風向き:上向き
音モード:静音 (設定できれば望ましい)

 風量と風向きですが、冷気が直接愛犬に当たることがないように風量は微弱で風向きは上向きにしてあげましょう。また、ご自宅のエアコンに音のモード設定があれば静かな設定にしてあげてください。

エアコン設定

エアコン使用時の注意点

 ここまでにエアコンの設定内容などを確認してきましたが、最後に注意点をご紹介させて頂きます。

・エアコンの掃除をする
・部屋の行き来をできるようにする
・日陰スペースを用意する

 エアコンのフィルターを変えて埃を取っても、エアコンを付けたら愛犬が部屋から出て行ってしまった!? なんて経験ありませんか?その原因はカビかもしれません。犬の嗅覚は鋭いですので、人が感じないカビ臭さもしっかり感知します。
また、部屋の扉は開けておき、日陰スペースを作っておくことで好きな時間に好きな場所でくつろげる環境を用意してあげましょう。これは万が一のエアコン故障時の対策にもなりますので是非実施してあげてください。

エアコン掃除

まとめ

・今日は愛犬が夏に快適に過ごしてもらうための冷房設定ついてご紹介いたします。
・夏のシーズンに犬にとって快適と言われる温度は22℃、湿度は60%と言われています。
・エアコンをつける場合、設定温度:25〜26℃、風量:微弱。風向き:上向き。音モード:静音 といった設定温度が望ましいです。
・①エアコンの掃除をする②部屋の行き来をできるようにする③日陰スペースを用意する といった点に注意しましょう。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました