2021年版データから見る猫がかかりやすい疾患・病気

2021年版データから見る猫がかかりやすい疾患・病気おすすめ
2021年版データから見る猫がかかりやすい疾患・病気
おすすめ

猫がどんな病気にかかりやすいのかをしっかり把握しておくことで、自身の愛猫の健康維持に少しでも役立てておきたいですね。そこで今日は、アニコム ホールディングスが発表した「アニコム 家庭どうぶつ白書2021」を引用させて頂き、2021年の疾患統計データを基に猫がかかりやすい疾患・病気についてまとめてみました。

猫がかかりやすい疾患・病気TOP3

猫がかかりやすい疾患・病気TOP3

1位:消化器疾患

消化器疾患は、猫の疾患の請求割合15.9%を占めます(※)。消化器疾患は、食欲不振、嘔吐、下痢(軟便)といった消化器の症状を指しますが、急性胃腸炎、膵炎、過敏性腸症候群など原因は様々です。

2位:泌尿器疾患

泌尿器疾患は、猫の疾患の請求割合13.5%を占めます(※)。代表的な疾患として、腎不全、膀胱炎、尿石症、膀胱結石、猫下部尿路疾患が挙げられます。泌尿器疾患は男女差があることもデータからわかっていますので、この後出てくる男女差のデータもご確認ください。

3位:皮膚疾患

皮膚疾患は、猫の疾患の請求割合9.5%を占めます(※)。毛が抜ける、皮膚の赤みや湿疹、痒がるなどの症状が出る皮膚疾患ですが、アレルギー、菌、ストレス、寄生虫など原因は多岐にわたります。

猫がかかりやすい疾患
猫の疾患 (大分類単位) の請求割合 (※)

※アニコムホールディングス「家庭どうぶつ白書 2021」(第2部 第1章 疾患(大分類単位)別の統計)

男女比・年齢差で見る、猫がかかりやすい疾患・病気

男女比・年齢差で見る、猫がかかりやすい疾患・病気

下記は猫の請求割合の男女比較と年齢推移を引用させて頂きました(※)。このグラフから読み取れることは、猫がかかりやすい疾患・病気TOP3の1つである消化器疾患と泌尿器疾患には男女差が見られることです。男女ともに請求割合は高いものの、特に男の子は請求割合が高いことは意識すべき点だと考えます。また、年齢推移を見ると、加齢と共にどの疾患も請求割合は高まっている中で、泌尿器疾患は10歳を境に請求割合が高くなる傾向が読み取れます。

猫がかかりやすい疾患男女比-1
猫の請求割合の男女比較 (※)
猫がかかりやすい疾患(年齢差)
猫の請求割合の年齢推移① (※)

※アニコムホールディングス「家庭どうぶつ白書 2021(第2部 第1章 疾患(大分類単位)別の統計)

猫と暮らす上で気をつけたいこと

猫と暮らす上で気をつけたいこと

これまで猫がかかりやすい疾患・病気について見てきましたが、中でも泌尿器疾患は死亡原因の一つにもなっているため、普段の生活からしっかり対策をしていくべきだと考えています。対策としては、トイレ・運動・食事が挙げられます。尿を膀胱に溜めておく時間が長いと、尿石ができやすく、泌尿器疾患のリスクを高めます。そのため、トイレは常に綺麗にしてあげることで、いつでも尿をしやすい環境を提供してあげましょう。また、運動不足も尿を膀胱に溜める原因となるため、普段からしっかり遊んであげてください。食事については、できるだけ水分摂取を心がけてあげることで、腎臓への負担を減らすことができます。水分摂取の必要性については別の記事に詳細をまとめていますので、ご確認ください。

まとめ

・今日は2021年の疾患統計データを基に猫がかかりやすい疾患・病気についてまとめてみました。
・請求割合が高い疾患は、消化器、泌尿器、皮膚疾患の3つです。
・消化器、泌尿器疾患については男の子の請求割合が高く、泌尿器疾患については10歳以降に請求割合が高くなる傾向が見られます。
・猫と共に暮らす上で、トイレ・運動・食事にはしっかり気をつけてあげることで、少しでも病気のリスクを減らしてあげましょう。

この記事の著者

著者_高山裕紀

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました