【猫にも食欲の秋!?】猫の空腹時のサイン

【猫にも食欲の秋!?】猫の空腹時のサイン
【猫にも食欲の秋!?】猫の空腹時のサイン

 9月に入りすっかり秋も深まってきました。秋といえば食欲ということで、今日は猫の空腹時のサインについてまとめました。

猫の空腹時のサイン

猫の空腹時のサイン

 猫は話すことができませんが、行動や態度で空腹を知らせています。愛猫と一緒にいると下記のようなことを経験したことはありませんか?知っているだけで愛猫とのコミュニケーションも円滑に図れるのではないでしょうか。

・お腹が空いたと鳴く
・「ご飯食べたいなー」と食事の皿の前に座り込む
・「ご飯を食べさせろー」とイタズラをする

お腹が空いたと鳴く
 猫の鳴き方といっても様々なパターンがありますよね。愛猫と8年暮らしてきた経験的に、「寂しい」「遊んで欲しい」「トイレを掃除して欲しい」「ご飯が食べたい」といった要求をする際は低いトーンの「ミャーオ」「アオーン」高いトーンの「ニャー」があると考えています。また、感覚的で恐縮ですが、「ミャーオ」「アオーン」は緊急度の高い要求「ニャー」は比較的緊急度が低い要求が多いという印象があります。このような鳴き方をしている際に食事のお皿が空だったりしていれば、ご飯が食べたいのかな?と考えてあげてください。

食事の皿の前に座り込む
 これはとてもわかり易い行動だと思います。空腹時に食事の皿の前に座り込んで、じーっとお皿を見つめていることはありませんか?こんな時はお皿にご飯を入れてあげてください。

・イタズラをする
 空腹時にご飯をくれない飼い主に対して気づいて欲しくてイタズラをすることがあります。部屋中を走り回ったり、部屋を散らかしたり、キッチン周りや家具を傷つけたり。そんな時は怒らずに対応してあげてくださいね。イタズラをする前に「お腹が空いたと鳴く」「食事の皿の前に座り込む」といったサインを見せていると思いますので、早めに気づいてあげてください。

まとめ

・秋といえば食欲ということで、今日は猫の空腹時のサインについてまとめました。
猫は話すことができませんが、行動や態度で空腹を知らせています。
・「お腹が空いたと鳴く」「食事の皿の前に座り込む」「イタズラをする」といったサインが見られる際はお腹を空かせていないか考えてみてあげてください。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました