【実は意外な原因も】猫の便秘について原因や対策をご紹介

【実は意外な原因も】猫の便秘について原因や対策をご紹介
【実は意外な原因も】猫の便秘について原因や対策をご紹介

 なんだかお腹が張っててツライ…お通じが良くない…こんな便秘のお悩みは人間だけでなく猫でも起こり得ます。特に猫は便秘になりやすい動物と言われていますので、普段から飼い主が便秘にいち早く気づき、取り返しのつかないことにならないようにしてあげることが大切です。そこで今日は猫の便秘の原因や対策についてご紹介いたします。

猫の便秘を見分けるサイン

猫の便秘を見分けるサイン

 愛猫にこんなサインが見られたら便秘になっている可能性が考えられます。

・力んでも便が出ない
・2日以上便が出ていない
・水分量のないコロコロした便
・排便回数が多い

力んでも便が出ない

人間でも同様ですが、猫も腸内に便が詰まることで便が出にくい状況になります。

2日以上便が出ていない

もちろん猫の個体差があるため、排便の頻度から便秘かどうか一概に判断できませんが、一般的には2日以上排便がない状態は便秘の可能性が高いと考えて良いです。

水分量のないコロコロした便

健康的な便は十分な水分量を含んでいますが、お腹に便が溜まっている状態だと水分が腸に吸収されてしまい、水分量のないコロコロした便になります。

排便回数が多い

排便はあるものの、一度にしっかり便を出せてないため、何度もトイレに行ってしまうことが考えられます。

猫の便秘で考えられる原因

 猫は便秘になりやすい動物と言われますが、その理由をここでは紹介いたします。猫の便秘の理由は多岐にわたるため、代表的な原因をまとめています。

・トイレを好まない
・水分不足
・ストレス
・病気

トイレを好まない

猫は綺麗好きな動物ですので、トイレが汚いと排便を我慢することがあります。また、猫砂や人目に触れる環境を気にする猫もいますので、愛猫が喜ぶトイレ環境を提供してあげてください。

水分不足

猫の祖先は乾燥地帯で活動してきたこともあり、腎臓機能が発達したため少量の水分で生きていけるように進化しています。しかし、水分量が少ないとその分便が硬くなりやすく便秘を引き起こします。

ストレス

猫は環境の変化に敏感であるため、家具など家の環境が変わるだけでもストレスを感じます。また、運動 (遊び) が少ないこともストレスの要因となり、便を我慢してしまうことがあります。

病気

腸にポリープができたり、肛門付近に炎症が起きることで便秘を引き起こすことがあります。また、普段は便と一緒に排出している毛玉が腸に詰まってしまうことで便秘を引き起こすこともあります。

猫の便秘対策

猫の便秘対策

・愛猫が喜ぶトイレ周りを提供する
・十分な水分摂取をする
・模様替えなどは少しずつ実施し、普段から遊んであげる
・食物繊維や乳酸菌の多い食事を与える

愛猫が喜ぶトイレ周りを提供する

前述の通り、猫は綺麗好きな動物ですので、トイレ周りは綺麗にしてあげましょう。また、猫砂や人目に触れることを嫌がる猫もいますので、愛猫が喜ぶトイレ周りを提供してあげてください。

十分な水分摂取をする

猫に1日に必要な水分量は体重1kg当たり50mlと言われています。水分を中々摂らない猫にはウェットのご飯や食事処以外に給水所を置くことをお勧めします。詳しくはこちらの記事にもまとめておりますのでご確認ください。

模様替えなどは少しずつ実施し、普段から遊んであげる

猫は環境変化を嫌いますので、部屋の模様替えなどは極力少しずつ行いましょう。また、運動はストレス解消に繋がりますので、毎日遊びの時間をちゃんと作ってあげてください。

食物繊維や乳酸菌の多い食事を与える

食物繊維や乳酸菌の多い食事は便秘に効果的な場合があります。しかし、食事を変える場合は猫にとってストレスとなりますので、慎重に獣医師と相談して決めてあげてください。

まとめ

・今日は猫の便秘の原因や対策についてご紹介いたします。
・2日以上便が出ていないなど、愛猫にこんなサインが見られたら便秘になっている可能性が考えられます。
・猫が便秘になる代表的な理由として、トイレを好まない、水分不足などが挙げられます。
・猫の便秘対策としてトイレ周りを綺麗にしたり、食物繊維や乳酸菌の多い食事を与えることが有効な場合があります。

この記事の著者

著者_高山裕紀

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

topetサプリ
タイトルとURLをコピーしました