【必読】水分と病気のリスク

【必読】水分と病気のリスク
【必読】水分と病気のリスク

今日はニャンコの歴史を通して水分の必要性と病気のリスクについてご紹介します。

猫の歴史

まずは猫の歴史から説明していきます。猫の祖先は中東の砂漠地帯に生息したリビアヤマネコだと言われています。
そして9,500年前から人と暮らし始めたと考えられ、4,000年前のエジプトでは神の使いとして扱われていました。
これは、穀物を主食として生きてきた人類において、ネズミを食べる存在の猫は貴重であったのでしょう。

腎臓機能の発達

この歴史の中で今日のポイントとなるのが、祖先が砂漠地帯に生息してきた点です。
砂漠の中で順応するためには少ない水分量でも生きていく必要があります。
そのため、腎臓で尿を凝縮させることで、過剰に水分を排出しないように発達しました。
確かにネコちゃんは少量ですが濃い尿を出しますよね。

発達による弊害

少ない水分で生きていけることは良いことですが、一方で泌尿器系や腎臓の病気リスクを高めることになります。
水を飲まないことで膀胱内に細菌が繁殖し膀胱炎になったり、尿内にマグネシウムやカルシウムのようなミネラルが多く残り尿結石になったり、腎臓への負担が大きくなることで腎不全になったりと病気になるリスクを高めます。
ここで挙げた病気は、なんと猫の傷病ランキングでも常連となっていますので、うちの子は大丈夫と思わず、飼い主がちゃんと予防してあげたいですね。

予防方法

必要な水分をちゃんと摂れるようにしましょう。
一日に必要な摂取カロリー(kcal)が必要な水分量(ml)と言われていますが、おおよそ体重1kgあたり50mlと覚えておくと良いです。
そう考えると思ったより多いと感じませんか? これは食事中の水分も含めてますので、水分をあまり摂らないようであればウェットフードをあげるなどの工夫が必要です。
また、器の大きさや高さなどもネコちゃんに依っては気にしますので、容器も工夫してあげることも良いと思います。
ご飯の場所以外に日向ぼっこする場所など、いくつかお水を入れた容器を用意してあげるのも良いでしょう。
ネコちゃんのことを一番理解しているのは飼い主の方々であるので、最大限に気持ちを汲んであげてください。

まとめ

・猫の祖先は中東の砂漠地帯に生息したリビアヤマネコだと言われています。
・腎臓機能の発達により、尿を凝縮させ過剰に水分を排出しません。
・発達したことの弊害として、泌尿器系や腎臓の病気リスクが高まります。
・ウェットフードや容器の大きさ・高さ、水分補給場所を複数確保するなどの工夫をして、必要量の水分を与えるべきです。

この記事の著者

ペット栄養管理士 高山裕紀
topetの専任アドバイザーである獣医師の監修や論文等を用いて正確な情報をお届け致します。

タイトルとURLをコピーしました